カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

行くぜメッヒコ! (2) ~テキーラで乾杯~

2008年5月28日(水) メキシコシティ出張 Day #2。

朝からホテルで会議。
意外なことに、荷物を失くした同僚が複数いた。
珍しくもないらしい。

オレは昨日の午後着いて、荷物が届いたのは夜の11時ぐらいだったっけな、
とか、
僕も昨日ロストしたよ、届いたけど、
とか。

よくあること、なんだな、たぶん。

午後遅く、ようやくスーツケースがホテルに届く。

一安心で着替える。

喉は相変わらず痛く、咳も止まらない。
昨夜、傍に女性もいないくせに裸で寝たのがいけなかったか。

ディナーはホテルから離れたちょっとしたオシャレな場所で。
同僚たちとテキーラで乾杯。

生バンドの演奏。
2曲目に「キサス・キサス・キサス」をやってくれる。

僕の母が、生前一番好きな曲だと言っていたやつ。

赤ワイン、肉、あれやこれや。

海抜2,000メートル以上という高地なので
酒の回りがはやいのか。

少し頭が、痛い。
なんだか、ちょっとやばい、かも?

ホテルに戻ってそそくさと寝る。

♪ テーマ曲 「キサス・キサス・キサス」 by ナット・キング・コール ♪

(続く)

関連記事:

「ソウル・バーの夜 (4) ~キサス・キサス・キサス~」

「行くぜメッヒコ! (1) ~ハポネスは右36度へ回れ~」
「行くぜメッヒコ! (2) ~テキーラで乾杯~」
「行くぜメッヒコ! (3) ~ふらふらとアベマリア~」
「行くぜメッヒコ! (4) ~太陽から月を見る~」
「行くぜメッヒコ! (5) ~ストリートを歩けば~」
「行くぜメッヒコ! (6) ~青い家 カーサ・アズール~」
[PR]
by y_natsume1 | 2008-06-10 21:29 | メキシコ

行くぜメッヒコ! (1) ~ハポネスは右36度へ回れ~

メキシコシティ出張 Day #1。

日本時間 2008年5月27日(火) 午後、
成田からLA経由でメキシコシティに出張。

メキシコ滞在予定は5日間。
そのあとそのままアメリカ某州の地方都市に移動して
またお仕事数日間。

LAでトランジットのとき、なんだか嫌な予感がしたのだ。

いつものことだけど、
アメリカはたとえ素通りのトランジットでも
いったん入国したからには最初の入国都市で
入国審査とバゲージクレームをしなけりゃいけない。

要するに荷物のピックアップを一度やって、乗り換え先の航空会社のカウンターで再チェックインする。

別にアメリカに滞在する予定がなくてもやらなきゃいけないなんて、
素通りトランジットの身からすれば、はなはだ面倒。

だけど今回は、ちょっと雰囲気が違う。

LAの空港は今すんげえ工事中だし、
おまけにこの時間帯、メキシコ航空でアメリカから出国するチェックイン客が
やたらと多くてごった返している。

別のプロジェクトでアメリカの某都市に出張して日本に帰る途中の同僚に
たまたま偶然チェックインカウンターの近くで出くわす。

彼も帰国便の時刻が迫っているのに
なかなかチェックインが進まないって言ってイライラしている。

長い列・・・・・。

そういう、ときだったのだ。


*****************

2008年5月27日(火)現地時間の夜7時すぎ、メキシコシティに無事到着。
身体はね。

しかし、荷物は見事にロスト。

嫌な予感は的中。

バゲージクレームでずーっと待っていたが、
最後に出てくる荷物もやはり自分のではないのだと、むなしく確認。
約1時間眺めてたが。

カウンターで連絡先を書いて、早く届けろよと強くプッシュ。

渋滞の中、タクシーはホテルまでのろのろと走る。

(これが夜ではなくもし昼間だったら、映画「天国の口、終りの楽園。」の冒頭シーンに似たような感じだろう。)

車の中で咳が出る。
飛行機の中がものすごく乾燥していたせいだろうか。
喉が痛い。

ホテルに着いて、同僚たちと近くのサンボーンというファミリーレストランで軽食&酒。

これがまた意外にうまい。
ファミレスのくせに(失礼)。

荷物が出てこない=いつ届くのか、出てくるのかさえ保証がない=いつ着替えができるのか分からない=イライラする、

という図式を
凌駕させるほど、美味い料理とビール。

ビールは地元のボヘミアン。
冷やした白い陶器のジョッキにはレモン汁が既に入っていて、
陶器の淵にはたっぷり塩が塗られている。

そこにキンキンに冷えたボヘミアンを注ぐ。

飲む。

うまい。

レモンと塩とビールの三位一体。

牛肉のBBQをタコスで巻いたもの。
肉には程よい塩がふられている。

白身魚のバター焼き(?)と白米(この米の塩加減がまた最高にいい)。

結論: 塩だ。  要するに塩が、うまいのだ。


食事を終えホテルに戻る。
着替えもないまま、シャワーを浴びて裸で寝る。

ビジネス用のドレスシャツを着たまま寝てもよかったんだろうけど、
翌朝の会議でしわだらけのシャツじゃ、あまりにみっともないと思って。

僕は普段からビジネスで着るドレスシャツの下にはTシャツは着ない。
だからTシャツは今、手元にない。

バスローブはこのホテルのアメニティにはない。 
こういうときに限ってバスローブのないホテルになってしまうのも、巡りあわせか。 
いちいちコンシェルジェに頼むのも嫌だ。 
長時間のフライトで疲れてるし、へんてこりんな時間帯。

ビールと食事でわりと心はハッピーだけど。

荷物は、いつ届くんだろ。
いや、そもそも出てくるんだろうか。

♪ テーマ曲 「Watermelon in Easter Hay」 by Frank Zappa♪

(続く)

メキシコ関連映画:
「天国の口、終りの楽園。」
「アモーレス・ペロス」

メキシコ関連記事:
「メキシコの乾いた大地」
「天国の口、終わりの楽園。」
「アモーレス・ペロス」
「キューバへの一人旅 (10) 最終回 ~日付変更線~」

「行くぜメッヒコ! (1) ~ハポネスは右36度へ回れ~」
「行くぜメッヒコ! (2) ~テキーラで乾杯~」
「行くぜメッヒコ! (3) ~ふらふらとアベマリア~」
「行くぜメッヒコ! (4) ~太陽から月を見る~」
「行くぜメッヒコ! (5) ~ストリートを歩けば~」
「行くぜメッヒコ! (6) ~青い家 カーサ・アズール~」
[PR]
by y_natsume1 | 2008-06-08 06:40 | メキシコ