人気ブログランキング |
カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


2007年 01月 21日 ( 1 )

レコード針はどこに?

ジャズは20歳過ぎぐらいから聴いている。

音楽をジャンル分けしてもあまり意味はないけど、
自分の部屋にある「ジャズというジャンルと一応考えられる」CDは、
ゆうに800枚を超えている。

ジャズマニアの世界では2万枚、3万枚と持っている人もいるから、
たった800枚なんて青二才の部類ではあるのだが。

それでもジャズだけで800枚超。
他のジャンルを入れたらいったい僕のそばにあるCDは何千枚になるのだろう。

その中で、
このところ、
1枚のジャズ・アルバムが僕の周りで自己主張している。

「Undercurrent」 (1962) by Bill Evans & Jim Hall

僕はCDで持っている。 20代の頃に買った。

ジャズの世界では、このアルバム、特別ものすごい、というほどではない。
そこそこ有名だけど。

ピアノとギターだけのシンプルなインタープレイ。

例えば、アルバム中の演奏でも、
「My Funny Valentine」についての2人の斬新なアプローチはカッコいい。

けれど偶然なのか、必然なのか。
どうしてか、このアルバムが、今、僕の周りで活気付いている。

最近、自宅の近くのソウル・バーのマスターも、
このレコードを中古で買ったそうだ。

僕はマスターにこのアルバムの話をしたこともないし、
事前に互いに、特に示し合わせた訳じゃない。

マスターはまだレコード針を買い直していないので、バーでレコードは聴けないそうだ。 早く、ここのステキなスピーカーで聴いてみたいものだが。 

そのソウル・バーでよく顔を合わせる某プロ・ミュージシャン氏とも、いつだったか、このアルバムについて酔っ払って語り合ったことがある、ような気がする。 酔っててきちんと覚えていないけど。

因みにここのバーのスピーカーも彼がチューンアップしてくれたものだそうだ。

僕は自宅に戻って、CDを聴き返した。

ピアノとギターの、アドリブの掛け合い。
インタープレイ。

何かが、
誰かが、
僕にシンクロしようとしている?

それを受けて僕も何かに反応している?

それとも、
僕の方が誰かにコンタクトしたがっているということか?


シンクロニシティは

レコード針を介して

誰と誰を結びつけることだろう。

♪ テーマ曲 「My Funny Valentine」 by Bill Evans & Jim Hall ♪
by y_natsume1 | 2007-01-21 18:42 | Jazz Night