カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どうしようもないときは雨上がりの鎌倉に行けばいい

2009年5月30日(土) 午後。

いつものように材木座の光明寺を参拝した後、

由比ヶ浜の某カフェに。

窓を開け放った窓際の席。


雨上がりのR134と鉛色のビーチが目の前にある。

海からの、 風も空気も波音も、

今の僕には 「体にいい」。


体つきはスリムなのに胸だけはやたら大きい、
きれいなアルバイトのオネエさんにオーダーを。

車で来ているからノン・アルコールのトニック・ソーダ。

マルボロ・ライト・メンソール。

トニック・ソーダがジン・トニックに思えてくる。

幻覚、どうしようもない精神状態・・・・・

そもそも退廃的に狂いたくて数年前から飲んでいたお酒、

アブサンの代用品、ペルノーの飲みすぎなんだろうか。

それが現実になった?

まさかね。

僕は19世紀のパリの芸術家たちに憧れていただけだったのに。

デカダンス。 タナトス。



―― 僕は雨上がりの雰囲気が好きだ。

特に、曇りや

雨が止んだ直後の海岸に違和感がないのは、

僕の、

16歳@UKブライトン (小石だらけの海岸の街)

の印象が強烈だったからだろうか。

むしろ曇りや小雨ぐらいの方が、

空気の匂いや風の具合や湿気がちょうどいい感じで

ホッとすることがある――。


***************


―― 会社に行く平日は朝食をとらない。

独身1人暮らしの頃からの習慣だ。

けれど土日の休みの朝は、なぜか自然と食欲がわき、

何かを口にする。


僕の「今の」平日の仕事は、

あるスピリチュアルカウンセラーに言わせれば、

まるで毎日牢獄での「おつとめ」(拷問)に赴くがごとくで、

一種の仮死状態なんだ、と。

むしろ仮死状態でいた方がいい、と。

(注: 仮死状態は防御方法の一つらしい。 仮死は生きるという大前提があるからこその、仮の死。 その前提がなければ、仮の死ではなく本当の死になってしまうから。)

食欲もそれほどわかない。

週末の休みだけ、本来の自分に戻る。

村上春樹の小説テーマじゃあるまいし、

まるで「あっちの世界」に行って、

また 「こっちの世界」に戻ってくるみたいに。


・・・・・・・ そうかもしれない。

だとすると、

かなりの時間を、みにくい世界=牢獄 でのおつとめに費やす僕は、

今は週末以外は楽しんで生きていないことになる。


そんなことでいいのか。

いいわけは、ないだろう。


仕事に生きがいを感じ、仕事を楽しんでいる人も、

世の中には大勢いるんだろうが、

今の僕はそうではない。

あのひどい、みにくい世界では、 できない。

そうしたいとも思わない。


「楽しんで生きることは 戦いだ」

と言ったのは村上龍だ (小説「69」あとがき)。

その通りかもしれないけど、

当分、もう戦いなんか、いらない。

充分だ――。


*************


―― 月子さん(仮名)が、

いつの午後だったか明け方だったか深夜だったか忘れたけど、

穏やかな口調で僕につぶやいたような気がする。

牢獄みたいだっていう、その時間帯さぁ、

仮死状態なら成長が止まってるんだろうから、

その分若くいられるんじゃないの(笑)?

いいじゃない、若くいられるんなら。


成長が止まってるんだから、

できないことがあっても

それはそれで当たり前、それもいいじゃないかと

思えばどうなの? ――。


***************

―― 曇り空の由比ヶ浜、 

某カフェの窓際の席で感じる風は

あまり強くなくて、生暖かくもなく冷たくもなく、

とても気持いい。


胃痛でお酒を飲めないぶん、

タバコの本数、ちょっと増えた。

そもそもどちらも体には悪いけど、それはそれでいいのだ。


3時間、都内の自宅で虚無的にDVDを眺めるより、

同じ3時間でも、

高速を飛ばして車で往復2時間、
鎌倉という空間で正味1時間だけでも過ごす方が、

僕の体には、いい。

どうしようもないときは、

どうしようもないなりに、

空間を移動すること。


人間には、時間よりも空間が必要なのだ――。

(ヘンリー・ミラー 「北回帰線」 のラストより)

♪ テーマ曲 「I Will Remember You」 by Solas ♪


***************

<追記>

「仮死状態」 「成長する、しない」 「鎌倉 由比ヶ浜」
というキーワードで頭をよぎるのは・・・・・。

冬が好きなわけではないけれど、

目の前の空間が、
早く 「冬の由比ヶ浜」 になればいいのにと思う。

映画 「男と女」 で、ジャン=ルイ・トランティニヤンが
小さな息子を乗せて赤いオープンカーで
冬のドーヴィルの海岸を飛ばすシーンがある。

以前、それを真似て、
王子を乗せて黄色い車で冬の由比ヶ浜までドライブしたことがある。

「別れのドライブ 由比ヶ浜 そして真冬の風が吹く」

それを、またやってみたい。 

王子が、大きくなってしまわないうちに。

成長して欲しい気持ちとは裏腹に。

ペルノーを、いや、ビールかシェリーか赤ワインでもいい、飲みたい。

― Ciao ―
[PR]
by y_natsume1 | 2009-05-31 12:52 | 鎌倉湘南Seaside

早朝の鎌倉光明寺 ~キミはショッカーを見たか?~

2009年5月23日(土) 早朝。

車で鎌倉の光明寺へ。

都内の家を出てから第三京浜、横浜横須賀道路を経て
約50分で渚橋辺りまで着いてしまう。

朝が早いと得した気分。

メンタル不調に加えて胃も痛い。 

仕方なく金曜夜でもお酒を控える。

そのかわり土曜の朝、4時か5時くらいに早起きする。

そして車で鎌倉のお寺(それも大抵はお気に入りの光明寺)に来る。

そういうことが最近はわりと多くなった。


・・・・・・ いつものように、光明寺の山門そばの駐車場に車を停める。

車を降りたらすぐに、
お香の良い匂いが辺り一面に立ち込めているのが感じられる。

ちょうど朝のお勤めの後なのだろう。

週末とはいえさすがにまだ朝の6時台。

もともと主要な観光ルートから外れていて、
冬場だけでなく春や夏でも普段から観光客の少ない光明寺だけど
(だから穴場でいいんだけど)、

この時間帯ではさらに人がいない。

ほんの2~3人、
地元の人たちが犬を連れて散歩がてらお参りにきているぐらい。

静かでいい。

山門から本堂に進む。


ここの山門が好きだ。

そして、この寺の本堂の構えや畳が好きだ。

理由は特にないけど。

落ち着く。

拝んだ後、しばし本堂の中の畳に座り、
瞑想にふける。

誰もいない。

お香の、とても いい 匂い。

気持が安らぐ。


・・・・・ 立ち上がり、

うしろを振り返ると、

あの時と同じように、いにしえに向かって走り去っていくような

山門への道が伸びている。

異次元のどこかにタイムスリップしそう。


歩いて山門を出て、

まだまっすぐ、

観光客にはあまりわからないような、
車も通れないような目立たない小道をそのまま進む。


すぐに海が開ける。

材木座海岸だ。

寺のすぐそばに海岸があるなんて、
一見、想像もつかない周りの光景なのだけど、実は近くなのだ。


サーファーがちらほら。
犬を連れたカップルや家族連れも。

ぼーっと海をみつめて、波の音を聴く。

視線をもっと西側に向ければ、
そこは由比ヶ浜のあたりだろうか。

あのバーの、イケメンのマスターは
今頃どうしているだろう

また会いたいなぁ。

僕は、今ほどじゃないけど、
やはりどうしようもない時期があって
その際そこのマスターにはお世話になった――。


・・・・・ 前回光明寺に車で来たときは
あまり気分はすぐれないままだった。

自分の好きな空間だからといって
常に気分転換できるとは限らない。

ただ、
今回はとても良い感じ。

少しずつ、少しずつ。


帰ったら、コーヒーに炒り卵とトーストの朝ご飯が欲しい。

まるで独身の1人暮らしみたいだな。


関係ないけど、もうすぐ公開予定の仮面ライダーの映画で、
死神博士と地獄大使が30数年ぶりに復活するらしい。

懐かしい。

死神博士は石橋蓮司、地獄大使は大杉漣だとか(笑)。

楽しみ。

b0058966_10454830.jpg



b0058966_10463062.jpg



b0058966_1047988.jpg



b0058966_10473682.jpg



b0058966_1048125.jpg



b0058966_10484583.jpg



b0058966_10491271.jpg



b0058966_10494010.jpg




♪ テーマ曲 「材木座海岸」 by 妹尾武 ♪
♪ テーマ曲 「ブラックサンドビーチ」 by 加山雄三 ♪
♪ テーマ曲 「With Tomorrow」 by Neal Casal ♪
♪ テーマ曲 「Jack and Diane」 by John Couger Mellencamp ♪
♪ テーマ曲 「Siren」 by doa ♪

関連記事:

「材木座 そこに海あり 命も果てず」
「光明寺の調べが 材木座の海に 届くころ」
「十六夜の月 於鎌倉」
「由比ヶ浜に 酒の神 在り」
「京の女に言ふ (2)」
「別れのドライブ 由比ヶ浜 そして真冬の風が吹く」

(注) 材木座の名称のいわれ:

(Wikipediaより引用)
名称は鎌倉時代に鎌倉七座(米座、相物座、博労座、炭座、材木座、絹座、千朶積座)という商工組合があり、これに由来する。江戸時代には材木座村と内陸側の乱橋(みだればし)村に分かれていたが、のちに合併して大字「乱橋材木座」となり、これが住居表示に伴い材木座一丁目-六丁目となった。
[PR]
by y_natsume1 | 2009-05-23 10:54 | 鎌倉湘南Seaside

春宵の響 ~池月橋で笛の音を~

2009年5月13日(水) 夕刻。

狂いに狂っている精神状態。

まさに、どこまでつづくぬかるみぞ、だ 
(西東三鬼の短編 「神戸」の中の「第8話 トリメの紳士」 の最後の一文)。

せめて、ほんのひと時だけでも、癒しの異次元空間にトリップしようと、
洗足池へ。

ここで、毎年5月に行われる、春宵(しゅんしょう)の響(ひびき)という、
雅楽演奏会を聴いてみたくなったからだ。

車でそばを通りかかったことは何度かあるけれど、
洗足池公園の中に入るのは初めてだ。
ここに勝海舟の墓があることさえ知らなかった。


・・・・・・・・・ 池の西側に神社がある。

神社の赤い鳥居あたりに、
鼓の演奏場所がセットされ、ライトアップもされている。

その周りにはパイプ椅子で客席が設けられている。
既に老若男女、大勢見物客が来ている。

無料なのが嬉しい。

・・・・・・ 演奏が始まる。

池に浮かべた小船と池月橋という太鼓橋を舞台に見立て、
少しずつ進む小船にも、橋にも、
笛の演奏者がいて、音を奏でている。

幻想的な光景。
源氏物語の世界??

だんだんと暮れてゆく池のほとりで
笛や鼓の音色を楽しむ。

なんと雅で風流なことか。

演奏曲は、
荒城の月、おぼろ月夜、月の砂漠、など、
月に関係したものが多い。

ステキだ。

この夜、残念ながら月は見えないが、
見えなくても良いのかもしれない。


ねぇ、誰か、僕のために、万葉集の中のどれか、
恋の歌でも詠んでおくれよ、とさえ思う。

ねぇ、月子さん(仮名)、
僕に歌を、 詠んでくれないか?


僕は、今、
凝縮された小宇宙に存在している。

絶望的な希望と共に。

見えない月を、探しながら。


そしてまた、もうすぐ、
あの醜い世界に僕は戻らなければならない。

ねぇ、月子さん、
僕は、今度はどこに 居ればいいんだろうね?



笛の音は、小船と池月橋の双方から鳴り響いている。

それは、既に初夏の様相を呈している草いきれ漂う夜に、
命の源を月に向かって発射しているかのごとくだった。

いや、

見えない月に向かって、僕自身を、

僕自身の命を――。


♪ テーマ曲 「朧月夜」 by 古武道 ♪


*********************

<以下は 洗足池Wikipedia より引用>

千束八幡神社(せんぞくはちまんじんじゃ)は、洗足池の西のほとりに鎮座する神社である。品陀和気之命(応神天皇)を祭神とする。「旗挙げ八幡」とも呼ばれる。

860年(貞観2年)に千束郷の総鎮守として宇佐八幡から勧請された。10世紀前半の平将門の乱の際に鎮守副将軍として派遣された藤原忠方は、その後に千束八幡を氏神としてこの地に残り、池上姓を名乗ったという。また、11世紀前半の後三年の役では、奥州討伐へ向かう源義家が戦勝を祈願したとここにも伝えられている。

1180年(治承4年)、安房国から鎌倉へ向かう途中の源頼朝がこの地に宿営したところ、池に映る月のような姿のたくましい野生馬が現れこれを捕らえたとの伝承が残る。後に宇治川の先陣争いで佐々木高綱を乗せ、梶原景季の磨墨と競うことになる、名馬「池月」である。頼朝軍はこれを吉兆とし、旗を差し上げ大いに喜んだという。本堂の横に赤目で歯をむく池月を描いた大きな絵馬が奉納されており、さらに境内には池月の像が置かれている。

例大祭は9月に行われており、重要無形民俗文化財に指定されている神楽が奉納され、洗足池の秋まつりとして親しまれている。
[PR]
by y_natsume1 | 2009-05-14 21:50 | Music Bang Bang