カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

暮れ六つの ボールパーク

2009年4月9日(木) 暮れ六つ(午後6時ごろ)にあと四半刻ほどという頃。

久しぶりに神宮球場へ。

東京ヤクルトスワローズ 対 中日ドラゴンズ

のナイトゲーム。

スワローズの40周年記念でチケットの割引クーポンを頂いたので。

******************

この数年、日本のプロ野球はあまり面白くない。

やたら間延びして、長たらしいし、応援団は管楽器でうるさいし。

けれど最近のWBCで個人的に盛り上がったせいもあって、
今回は久しぶりに生で、野球を観てみるか、と。

以前シカゴのリグレーフィールドやトロントで観たMLBには感動したなぁ。

試合もそうだけど、球場の雰囲気や売店や応援のマナーを気に入った。


僕は野球に対して斜に構えた態度をとることがある。

フクザツで、素直じゃないのだ。

運動神経がないから野球をやるのは苦手だけど、
プロ野球や大リーグなら、観るのは結構好きなくせに、
斜に構えた言動をしてしまう。

理由の一つは
実父に対するコンプレックスやヒガミからだろう。

父は、
四国の高校(僕や父や母などの母校)、
大学(神宮球場、金銭的理由で1年間で自主退学するまでのわずかな期間だけど)、
ノンプロ社会人全国制覇(後楽園球場)
などを通じてずっと野球選手。

プロ野球経験者や有名な野球関係者の友人も数多い。

彼は母校の高校の野球部監督もやった。

それに比べて僕は野球だけでなく、
基本的にスポーツをやるのは好きじゃないし、苦手だ。

おまけに、僕が3歳の頃両親が離婚して、
40歳の時37年ぶりで再会するまで、その間実父に全然会ったことがなかった。 

そんな実父への複雑な心境もあって、
野球なんか、と思い込もうとしてしまうのだろう。


*******************

―― 神宮球場に到着。

この球場に来るのは久しぶりだ。

へたしたら20年ぶりぐらいだろうか。

春というより、日中はもう初夏のような気候。

夕方は涼しい風が吹いて、とても気持がいい。

西日が強い。

スタジアムの回廊を1塁側外野席に向かって歩きながら、

ああ、この建築物はステキだな、昔ながらの雰囲気があって良いな、
なんて思ってしまう。

新しく建てられた球場には残念ながら、新しいだけに、
こういう味のある「趣き」というものが、ない。


回廊の途中で売り子さんたちの控え室というか待機所が目に入る。

ビールのタンクをしょったアルバイトの若い女の子たちが、

「よっしゃ! 今日も行くよ!」

と声を掛け合っている。

いいねぇ、いいねぇ。 ウキウキする。

ボールパークの雰囲気。

外野自由席のチケットを割引で購入し、

ビールと焼き鳥を買って1塁側外野席スタンドに入る――。


―― キレイだ!

なんてキレイなんだろう。

座席のブルーと人工芝のグリーンのコントラストが色鮮やか。
(本当は天然芝の方が好きなんだけど仕方がない)

それに、既にともっている照明がグラウンドをより一層、
カラフルに、鮮やかに見せてくれる。

3塁側方向を見ると、夕陽が沈んでいく真っ最中。

もう、むちゃくちゃキレイ。

子供たちや中年おじさんのファンだけでなく、
スーツを着た20代の若手サラリーマンが、
同じく真新しいスーツを着た女の子たちと何人かのグループで来ている。

この日はこういうグループを結構何組か見かけた。

女の子が、「うわぁ、こんなにキレイなんだ、球場って」

と感動していて、連れてきたらしい男の子たちも得意気だ。

照明の影響も、大きいんだろうね。

********************


・・・・・・・ 昭和30年ごろ、大学1年の実父はどんな思いで、
この神宮で遊撃手としてプレーしてたんだろう――。


********************

球場では、
試合の始まる前の、約30分ほどの時間帯が、
僕はとてもとても好きだ。

スタンドに入ったとたん開けてくる視界。

もうすぐ始まろうとする試合の前に、
いろんなアトラクションで楽しませようとする企画。

キャッチボールをする選手たち。

そんなことを思ってたら、

いつのまにか僕は涙を流してた。

こんなに心が踊る「空間」だったとはねぇ。


野球に対して斜に構えてはいるけれど、

本当は子供の頃、
父と一緒にプロ野球を観たかったんだろうな、僕は。 


1970年代、僕が小学生の頃、 
3度だけ関西方面でプロ野球を観た。

四国からわざわざ行くのはとても贅沢で、
貴重な機会だった。

大阪球場、西宮球場、甲子園球場。

関西に出張する母に連れられて、仕事のあとで、という感じで。

例えば、
今はなき難波球場 (地元大阪育ちの母は大阪球場という正式名は口にせず、いつも難波球場だ)で観た、南海ホークス(現ソフトバンクホークス) 対 ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ) の試合。 

先発したロッテの村田兆治投手のマサカリ投法は今でも鮮烈に覚えている。

僕は、野球を観るのも好きだけど、

たぶん、ボールパークという 「空間」 が大好きなのだと思う。

映画も好きだけど、
 
昔ながらのレトロな映画館が大好きなのと同じように。


******************

暮れ六つ(午後6時)、プレーボール。

ビールも焼き鳥もうまい。

精神的にはとても贅沢な、素晴らしい娯楽だ。

試合展開は乱打戦気味。

展開が速いのか遅いのか、よくわからん。

日が沈むのが早い。

風も涼しいどころか、ちょっと肌寒くなってくる。

そうそう、球場の上の方の席って、地べたより結構寒い時があるんだよな。


この日の試合は両軍とも投手の調子が悪く、よく点が入る。

スワローズが点を入れるたびに、
外野席ではスワローズファンがミニのビニール傘を開いて東京音頭で盛り上がる。

いいねぇ、野球。


空を、見上げる。

ドーム球場だとこうはいかない。

ドームは圧迫感があって、あんまり好きじゃない。

空を見上げたけど、

都会だし、ものすごく強い照明で、

当然ながら星は見えない。


でも、月ぐらい見えるはずなのに、見えない。

今夜は暦の上では、 満月のはず。

ボールを追いかけているうちに、月を追いかけてしまう、狂った僕。



ねぇ、父さん、

神宮球場、もう一回、来たい?

たぶん、「別に。 どうでもええがな」、って言うんだろうね(笑)。


♪ テーマ曲 「Blue Moon」 by Frank Sinatra ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2009-04-11 16:36 | 日々の雑文

いにしえの 鞆の浦

このところ、なぜか 鞆(とも)の浦という土地の名前が 
よく僕の視界に入ってくる。

鞆の浦は広島県福山市の沼隈半島にある、大昔からの港。
万葉集の歌にも出てくるほどだ。

「江戸時代の港湾施設である「常夜燈」、「雁木」、「波止場」、「焚場」、「船番所」が全て揃って残っているのは全国でも鞆港だけ」

なのだそうだ(Wikipediaより)。


宮崎駿が「崖の上のポニョ」の構想を練った所として
鞆の浦が紹介されている新聞記事を見つけたこともある。

(「崖の上のポニョ」という映画自体は観ていないので論評は差し控える。)

一方、ポニョと対比される形で、
最近の埋め立て華僑工事計画とその反対運動も
新聞記事に出る。

地元民の考えはいかに・・・・。

僕はなぜかその両方の記事をスクラップしていた。

先日、万葉集の解説本を手にとってぱっと開いたら、
偶然そのページが、

鞆の浦に関する大伴旅人の歌だった。

ちょっとびっくり。

やっぱり「鞆の浦」が 僕を呼んでるんだろうかねぇ。

近いうちに、ぜひ、行ってみたい。

ついでに厳島神社と、尾道にも。

******************

尾道は大学時代に1人旅で1度だけ行ったことがある。

あの頃から1人でどこかをふらりと、そしてふわりと旅するのが好きで。

尾道駅前の案内所で近くの旅館を紹介してもらい、
泊まった。

そこの女将さんからは
大林監督の映画ロケのエピソードやロケ地の場所を
夕ご飯のときに教えてもらった。

良い思い出だ。

******************

僕は小さい頃、彫刻刀やカッターナイフで鉛筆だけでなく、
何かをひたすら削り続けていた時期がある。

まるで何かにとりつかれたみたいに。

いいかげんにやめれば良いものを、
何度もそれで指を切っては血を流していたものだ。

懐かしい。

今、僕は神社仏閣を、建ててくれた職人に思いを馳せながら楽しむのが、
なぜか大好きだ。


僕の前世の一つは、

まさか、

いにしえの宮大工か、船の職人だったんだろうか。

だから、大昔の雰囲気が少しでも残るその港に、
鞆の浦に、行ってみたい。


鞆の浦で月を見つめ、

万葉の時代の、ルナティックになって、

狂いながら月に吠えたいものだ。


♪ テーマ曲 「風を撃て」 by キリンジ ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2009-04-07 20:16 | アジア的独白

ベリーさぬき的一日 ~ほっこまい  高松純情シネマ~


人は、必要な時に必要な物に出会うそうです。
夏目さんはそれを呼ぶ力が強い気がする。



先日、Nさんから頂いたコメントが、このところよく頭をよぎる。

*********************

2009年4月1日(水)。

この日は今思えば、「ベリーさぬき的一日」だったといえよう。


朝、いつものように
亡き祖父と実母の写真(二人とも故郷香川のお墓で眠っている)に
手を合わせてから仕事に。

昼休み、映画の日だなぁ、なんか良さそうなのないかなぁ、
とネットで見ていたら、

「ほっこまい 高松純情シネマ」 

を偶然(? それとも必然?) 見つけ、 がぜん注目。

シネマート新宿で3月28日から1週間だけ、1日2回の上映、とのこと。


1970年の故郷香川県を舞台にした、映画マニアの高校生を描いているらしい。

チラシはここ

原作は香川県のFM局で映画ナビゲーターをやっている帰来雅基の「高松純情シネマ」

実は、僕は数年前にこの原作エッセイを読んでいた。

よし、この映画、観よ。  

決めた。


****************

夕方、会社を出て新宿に向かう途中、
携帯にメールが入る。

うちの王子は近所の義父母(=王子の祖父母)の家に泊まるそうだ。

はいはい。 春休みだしね。

僕は香川にいる継母(実父の再婚相手)に携帯で電話をかける。

誕生日おめでとうございます、と。

実父は出かけていて留守。 話せずじまい。



・・・・・ やがて、映画の時間。

面白いことに、この日の夜の上映前に高嶋監督のトークショーがあり、好感。

この映画に友情出演してる高畑淳子も監督も原作者の帰来雅基も、
地元高松高校(県下一の進学校)の同級生なんだそうだ。

ふーん。

映画は60分。 

さぬき映画祭2007優秀企画としての作品なので上映時間は短い。

屋島や高松市内のロケ地、昼休みの学食のうどん、
琴電、 当時の車、magの印象的な主題歌 ・・・・・。

一般的映画ファンや香川県にあまり縁のない人たちには
どう受取られるか分からないけど、

僕のような、あの時代前後にそこで過ごした人間にとっては
とても懐かしい気持ちにさせてくれる映画だ。

なにより、映画ファンにはたまらないぐらい、
1970年前後の映画のエピソードやポスターやパンフレットなどがわんさか出てくる。

映画フィルムの編集機(スタビライザー)まで出てくる。

すごい。


いちご白書、小さな恋のメロディ、
ある愛の詩、大空港、続・猿の惑星・・・・。


映画の後、思わず「ほっこまい」のパンフレットとCDを買ってしまった。

パンフレットの最後のページには、
香川県にあるこの映画の協賛企業や商店の名前がずらり。 

まるでよく知ってる地元商店街の宣伝チラシみたいで微笑ましい。

****************


映画好きの僕が高松市内の映画館で映画を観始めたのは、
この映画の登場人物たちよりも数年後だ。

1970年代後半、中学生になってからだった。

僕の実家は高松市からだいぶ東にある瀬戸内海沿いの海辺の小さな町。

国鉄(当時)で1時間ぐらいかけて、田舎町から高松という大都会に映画を観に行く。

1回行くと、交通費がもったいなくて、数軒の映画館をはしごする。

高校のころは、平日の昼間に授業をサボって
わざわざ高松まで行って
ジェームス・ディーンの「エデンの東」や「理由なき反抗」なんかを観たこともある。

そして、僕もこの映画の主人公のようにパンフレットやチラシを集めまくっていた。

今もし手元に全部あれば相当な量だろうし、
売れば(手元にあっても売らないけど)かなりの金額になるだろう。

今ごろ、多分誰もいない実家のどこかにあると思うけど。

「ほっこまい」という方言は僕にはわからない。

僕の実家のある地域では使わない。
高松の言葉かも。

でも、同じく映画にでてくる 「もう、じょんならん」 という方言はすぐわかった(笑)。


高松に映画を観に行くようになるまでは
地元の田舎町にも戦前からの古い映画館が1軒だけ残っていて、
小学生の僕はそこでよく何かを観ていた。 

最後の上映は、数ヶ月遅れの「日本沈没」だったなぁ。

ニューシネマパラダイスみたいな日々。

うどん、食べたくなった。


この日はベリーさぬき的一日。

東京の義母と、故郷さぬきの継母と亡き実母と。


・・・・・ 映画館を出たら、
僕の携帯に留守伝が残ってた。

(酔っ払ったのであろう)香川にいる実父からだった――。


この日は朝から晩まで、ずっと、ベリーさぬき的時間だな。



♪ テーマ曲 「夢からさめても」 by mag ♪

<追記>

・ 1970年代に僕がよく観に行った高松の主な映画館は、今はもう存在しない。 ライオンカン、スカラ座、玉藻劇場、大劇パラス・・・・。 寂しいことだけど、それが現実でもある。

・ 「ほっこまい」 に出てくる、劇場モギリ役を演じているのは、志水季里子。 にっかつロマンポルノにもよく出てた。 昔から結構好きな女優さん。 そして、「ほっこまい」で新聞部のチアキを演じていた少女ひろせ友紀は志水季里子の実の娘だ。 「八月の濡れた砂」で主演していた故・広瀬昌助との間の娘さんだそうだ。 月日はいつのまにか流れ、 時代は、変わるもんだな。 
[PR]
by y_natsume1 | 2009-04-02 20:39 | 過去の映画評「は」




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧