カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ビート詩人 ナナオサカキ 逝く

2008年12月23日(火) 午前4時ごろ。

ナナオさん、85歳で逝く

ゲイリー・スナイダー (ジャック・ケルアックの小説 「達磨行者たち」 の主人公のモデル)や、アレン・ギンズバーグたちとの交流。

ケルアックに代表される、単なるビートニクスというより、

むしろブラックマウンテン派とか、
ヒッピーやコミューン(生活共同体)、環境問題に関する活動の方が、
しっくりくる。

どちらにしても、
毎日、いつも、
旅を続けている人、に違いはないけど。

個人所有や定住を拒絶し、大地を踏みしめ、

ゲイリー・スナイダーをして、

「ナナオの詩は頭や手で書いたものではなく、足で、歩くことによって、書かれたものだ」

とさえ言わしめた。


国分寺の本屋の地下でポエトリーリーディングの合間に
僕のようなボーっとした男に気さくに話しかけてくださったり、

英語の詩集にサインしてくださったり (To xxx ではなく For xxx と書いたところがナナオさんらしいかも)、

江ノ島で「ラブレター」の朗読を聴いたり・・・。

まるで仙人のような、不思議な雰囲気の人だった。

今も、 今このときも、  憧れている。

よき放浪者になりたいという意味では、ずっと憧れだ。


ナナオさんは、また新たな旅に出た、ってことかな。

♪ テーマ曲 なし ♪

*******************

「ラブレター」 by ナナオサカキ;

半径 1mの円があれば
人は 座り 祈り 歌うよ

半径 10mの小屋があれば
雨のどか 夢まどか

半径 100mの平地があれば
人は 稲を植え 山羊を飼うよ

半径 1kmの谷があれば
薪と 水と 山菜と 紅天狗茸

半径 10kmの森があれば
狸 鷹 蝮 ルリタテハが来て遊ぶ

半径 100km
みすず刈る 信濃の国に 人住むとかや

半径 1000km
夏には歩く サンゴの海
冬は 流氷のオホーツク

半径 1万km
地球のどこかを 歩いているよ

半径 10万km
流星の海を 泳いでいるよ

半径 100万km
菜の花や 月は東に 日は西に

半径 100億km
太陽系マンダラを 昨日のように通りすぎ

半径 1万光年
銀河系宇宙は 春の花 いまさかりなり

半径 100万光年
アンドロメダ星雲は 桜吹雪に溶けてゆく

半径 100億光年
時間と 空間と すべての思い 燃えつきるところ
   
       そこで また
       
       人は 座り 祈り 歌うよ
       
       人は 座り 祈り 歌うよ
                     

                1976 春

       (ナナオ サカキ詩集『犬も歩けば』野草社)

*********************

"A Love Letter"  by Nanao Sakaki;


Within a circle of one meter
You sit, pray and sing,


Within a shelter ten meters large
You sleep well, rain sounds a lullaby.


Within a field a hundred meters large
Raise rice and goats.


Within a valley a thousand meters large
Gather firewood, water, wild vegetables and Amanitas.


Within a forest ten kilometers large
Play with raccoons, hawks,
Poison snakes and butterflies.


Mountainous country Shinano
A hundred kilometers large
Where someone lives leisurely, they say.


Within a circle ten thousand kilometers large
Go to see the southern coral reef in summer
Or winter drifting ices in the sea of Okhotsk.


Within a circle ten thousand kilometers large
Swimming in the sea of shooting stars.


Within a circle a million kilometers large
Upon the spaced-out yellow mustard blossoms
The moon in the east, the sun west.


Within a circle ten billion kilometers large
Pop far out of the solar system mandala.


Within a circle ten thousand light years large
The Galaxy full blooming in spring.


Within a circle one billion light years large
Andromeda is melting away into snowing cherry flowers.


Now within a circle ten billion light years large
All thoughts of time, space are burnt away
There again you sit, pray and sing
You sit, pray and sing.



from Break The Mirror, by Nanao Sakaki, North Point Press

関連記事: 
「 「ラブレター」 ナナオサカキ」
「ナナオ・サカキ ポエトリー・リーディング」
「気狂い桜のトンネルを 夜風と共に 駆け抜けろ」
「江の島で 潮の香りに酔いしれる」
「達磨行者の行き着く先は」

参考書籍:
「ビート読本―ビート・ジェネレーション 60年代アメリカン・カルチャーへのパスポート (現代詩手帖特集版)」
(ナナオサカキ・インタビュー記事の部分)
[PR]
by y_natsume1 | 2008-12-25 19:49 | ビートニク

好きなCD (15) ~ "Landscape" by tsunenori ~

Landscape (2008) by tsunenori

b0058966_14114217.jpg










このCD、とても気に入っている。

発売当初、季節は夏だったのに、今はもう冬だ。
でもずっと聴いている。

打ち込みを結構使っていると思われるサウンドだけど、
そのくせなぜか、暖かく感じる。

なんでだろ。

すさんだ心を癒してくれそうな雰囲気が、アルバム全体に漂っている。

全ては、うたかた。

それ以上は、言うまい。

♪ テーマ曲 「Pastness」 by tsunenori ♪

関連記事:
「由比ヶ浜の月を 追いかけろ」
[PR]
by y_natsume1 | 2008-12-21 03:08 | Music Bang Bang

必殺仕事人シリーズのサントラCD

必殺! The SELECT.

b0058966_19111148.jpg














このCD、懐かしさもあるが、改めて聴くと
名曲ぞろいなのがよくわかる。

竜崎孝路の曲も良いけど、やはり平尾昌晃の曲は素晴らしい。

マカロニウェスタン調の曲、
エレキギターやトランペットを効果的に使ったサウンド、
仕事人たちが、さぁこれから仕事に行くぞ、という時にかかる曲など。


必殺シリーズは小学生の頃から大ファンで、
よくTVで観ていた。

特に1970年代の初期の作品群が、暗いけれど好きだ。

初期の作品は、後期作品群に比べて
「ムコ殿」みたいなコメディ要素をあまり前面に出してはいないが、
そのぶんクールで、ダークな感じが良い。

画面の色彩も、
黒や深緑や青などを強めに出した(ように肉眼には見える)
ハードボイルドな色調で、
それがとても好きだった。

当時の他のTVドラマのやわい色彩とは
まるで違っていたのが小学生にもちゃんと感じられた。

仕掛人、仕置人、仕留人、助け人、からくり人、仕事人・・・・・。

悪人に騙されて人妻がいたぶられ犯されるシーンなどは
小学生には少々刺激が強いと言う人もいるかもしれないけど、
よく描けてるなぁ、と思って観ていた。

人間の業(ごう)や性(さが)を、常に芯に据えている。 

池波正太郎の原作、仕掛人・藤枝梅安シリーズも好きだ。
梅安の人柄に、TVとは違って、深い味がある。

湯豆腐、お酒、味噌汁にちょっとごま油をたらすシーンなど、
食事の描写も大好きだ。


このCD、1枚で38曲も入っている。 
お得である。 

平尾昌晃センセイに、感謝。

♪ テーマ曲 「仕掛けて殺して日が暮れて(必殺仕事人より)」 by 平尾昌晃 ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2008-12-19 19:11 | Music Bang Bang

この電車に揺られて

2008年12月某日。

電車の中で、

ロシア帽子を被った美しい女性が目に留まる。

20代後半か30歳くらいだろうか。
日本人だと思う。 
端正な顔立ちで品がよさそうでとてもキレイだ。

携帯電話(たぶん i Phone) を操作している。

携帯電話にはありふれたストラップではなく、
匂い袋をつけている。

粋だなぁ。

ロシア帽に匂い袋か。

その女性はある駅で降りていく。
僕のすぐそばを通って。

その女性がジーンズにブーツだったのはその時ようやく気づく。
それだけロシア帽と匂い袋の印象が強かったということだ。


匂い袋といえば、
神楽坂の椿屋には、
久しく行っていない。

行こうと思えば家から電車で1時間もかからないのだが。

今この電車を乗り換えようか。
(仕事、あるだろ!というツッコミが聞こえてきそう。)

ね、椿屋に一緒に行きませんか。

そこで、和紙やお香や、そして和の空間(小宇宙)を愛でましょう。

♪ テーマ曲 「帰れない2人」 by 井上陽水 ♪
♪ テーマ曲 「大いなる旅路」 by 小椋佳 ♪

関連記事: 「神楽坂の休日」
[PR]
by y_natsume1 | 2008-12-17 16:42 | Back Street Days

シェリーのボトルを抱えて春の雨を追いかけろ

2008年12月某日。

東京駅で新幹線から山手線に乗り換えました。

出張続きで疲れていたし (にもかかわらず明け方まで飲んでいた)、
一睡もしていないので寝不足でもあったし (結局明け方まで飲んでいた)、
そもそも風邪で体調はよくないし (それでも明け方まで飲んでいた)、
とにかく泥酔状態でした (要するに明け方まで飲んでいた)。

一瞬、ウトウトしたかもしれません。

ふと気がつくと、まだ東京駅です。

なんだ、停車したまんまか?

時計は・・・・・

2時間後を指しています。

時間と空間は僕にいつも新鮮な驚きと感動をもたらしてくれます。

空間を移動することによってタイムスリップにも似たような感覚を抱くことがありますが、逆に、全く同じ空間にいることで時を過ごしてしまうこともあるのですね。

まるで真冬に春の雨を切望し、獲得するみたいに。
(わけがわかりませんね。 酔っ払っているから仕方ありませんが。)

大好きなカーク・ダグラスの「探偵物語」(DVD)でも、
消音で画面だけ眺めながら、
家で飲みなおすことにします。

♪ テーマ曲 「この汽車は」 by 小椋佳 ♪
♪ テーマ曲 「春の雨はやさしいはずなのに」 by 小椋佳 ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2008-12-13 22:25 | Back Street Days

The Who を追いかける夜

2008年12月某日、深夜。

国内出張、ドサまわりのシーズン。 

某地方都市の飲み屋街。

午前4時、したたかに酔った僕は、
まっ黄色の銀杏並木のたもと、つまり道端で、

♪ Lo~ve, Reign O'er Me ! ♪

と大声で何度も歌ってしまう (かすかな記憶しかないけど、歌ったんだと思う、たぶん)。

ロジャー・ダルトリーと同じような高いキーで。

♪ Only love can make it rain
The way the beach is kissed by the sea ♪


なんて気持ちが良いんだろう。

周りには迷惑だったろうな。 スミマセン。

この曲はハイトーンで大声で歌った方が、
気持ちが良い。

そして、初めてのバーに入ってペルノーのソーダ割りを2杯。

午前7時、そのバーの優しいマスターが外へ出て、
僕の泊まっているホテルまでの道を教えてくれる。

結構簡単だ。 まっすぐ行って曲がればすぐだ。

僕はホテルに帰ってシャワーを浴び、
一睡もせずにチェックアウトして、
新幹線に乗る。

The Who はサイコウだな、と思いながら。

酔っ払って新幹線に乗っている僕は
まるで映画 「さらば青春の光」 のジミーのようだった。

多重人格とドラッグでフラフラになり、
ロンドンから鉄道でブライトンに向かう、映画のジミーのように。

でも、これでいい。

精神的にキツイ仕事の後、The Whoを感じられたのだから。

嬉しい。

幸せなことだ。


********************

2008年12月某日 夜、

The Whoのドキュメンタリー映画
「The Who - Amazing Journey」 を観る。

ファンにとってはありがたい映画。
丁寧に、丹念に製作しているのがよくわかる。

映画館を出たら、The Whoの曲について最近語り合った友人から携帯にメールがある。 

どこまでもThe Whoな夜だ。

嬉しい。

幸せなことだ。

*********************

2008年11月某日 夜、

単独公演としては初来日となるThe Whoのライブに行く。

大ファンとしては当然だ。

行かないわけがない。

これを逃すと、オリジナルメンバー2人の年齢(60歳超)からいっても、
もう二度と日本で生の演奏は聴けないかもしれないし。

このバンド、
The Whoとしては
僕の生まれた年と同じ1965年にデビューしたから、
もう40年以上になる。

(ドキュメンタリー映画 「The Who - Amazing Journey」 では、その前から別のバンド名でも音楽活動していたことが丹念に描かれている。)

デビュー曲 「I can't explain」 でショウはスタートする。

40年以上も前の曲なのに、今でも全然古臭くない。
ライブの1発目としても、とてもカッコいい。

そして代表曲、ヒット曲を中心に怒涛の演奏が
アンコールも含めれば合計2時間以上、20曲以上、休憩なしで続く――。

「Who Are You」(この日約15年ぶりに偶然会場で再会した某人を連想)
「Behind Blue Eyes」 (生ギターのイントロがかっこいい)
「My Generation」 (デビューアルバムのタイトル曲)
「5:15」 (映画「さらば青春の光」でも使用された名曲)
「Pinball Wizard」 (ロックオペラ映画「トミー」の代表曲)

・・・・・・・ などなど。

手を抜かず、
結構ちゃんとマジメにやっているので、
意外というわけではないけど、何だかとても嬉しくなる。

ピート・タウンゼントの右腕回転ギター奏法も、
ロジャー・ダルトリーのマイクぶんぶん振り回しも、
いっぱいやってくれて満足。

初めて生で観ることができたそのパフォーマンス。

演奏の終わりごろ(最後のアンコール曲の直前)、
水分補給するダルトリーが、
ペットボトルの水ではなく、その時だけは
「A cup of tea, uh」 とか笑いながら言いつつ
カップで何かを飲んでいたのが印象的。

やっぱり中身は紅茶だったんだろうか。
それとも?

アンコールの曲名にかけていたんだろうな。

いずれにしても、
コメントがイングリッシュマンらしくていいなぁと思った次第。


大抵ラストに歌われることが多いという名曲 「Love, Reign O’er Me」 は
後半に入った辺りで演奏された。

この曲の演奏中、ずっとミュージシャン達の背後のスクリーンで、
映画 「さらば青春の光」 の映像がモノクロで流されるニクイ演出――。

この映像と曲は、
僕が16歳だった頃を、UKブライトンの小石だらけの海岸を、
思い出させてくれる――。


モッズファッション、
UK南岸の町ブライトン、
ベンシャーマンのシャツ、
ツィードのジャケット、
三重苦の少年(トミー)、
四重人格(ジミー)、
1960年代のスウィンギン・ロンドン、
映画「さらば青春の光」、
茫然自失状態だった「あのとき」のみなとみらい線、
激しい愛憎と破滅が入り混じった雪の鎌倉駅、
僕の強烈な「16歳@UK」を規定する楽曲群・・・・・・


それらは全て、The Who によって、一本の線でつながっていく――。

この夜、美しい月明かりのもとで、
浜辺は何度も海にキスされた。


*******************

今年はThe Whoを追いかける夜が、いくつもある。

嬉しい。

幸せなことだ。

明日の夜も、美しい月明かりのもとで、
浜辺は何度も海にキスされるだろう。


♪ テーマ曲 「Love, Reign O'er Me」 by The Who ♪

関連記事(今回は下の関連記事も是非ご一読下さい):

「お気に入りロック名盤(8) 「Quadrophenia」(1973)/The Who」
「三重苦の少年」
「チャイナタウンを駆け抜けろ ~横浜もブライトンも~」
「さらば青春の光」
「忘了?」
「アウトローなオンナ 」
「やけど」
[PR]
by y_natsume1 | 2008-12-05 22:28 | Music Bang Bang