カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いにしえの 春日の森の 神の空間(くに)

2008年9月某日。 週末の昼間、 大和路、春日の森へ。

某ガイドブックに従って、観光。

(だから、下の文章のうち、僕自身の文章表現は別として、
ウンチクに関する内容はそのガイドブックによるものだ。)

僕は特定の宗教を信仰しているわけでもないし、
霊感が強いわけでもない (というか霊感は全くない)。
何らかのイデオロギーを声高に主張しているのでもない。 
かといって無宗教という割には
日常的には仏教や神道の影響を受けながら生活しているのも事実であり、
そして昔から神社仏閣や線香の匂いや
古い建築物や教会カテドラルの雰囲気が大好きで、
40歳頃から意識して、いくつかの世界遺産を訪れている。



・・・・・ 大宮をいきなり訪れる、のではなく、
あえて遠い距離にある 一の鳥居から、 歩く。

参道を時間をかけて少しずつ大宮に向かって、 歩く。

それはメインの施設に近づくための、
呼吸や気持を整えながら近づくための、
一種の必要なプロセスなのかもしれない。

あえて、一の鳥居から、というのが、 いい。


参道の中央部分は神様が通る場所だ。
そこを避けて、できるだけ道の端を、 歩く。

緑があふれ、
鹿があちこちにいて、
参道はまるで
昔に向かって走り去っていくタイムマシンのようだ。

僕は、「何か」を味わいながらゆっくりと歩いているのに、
参道そのものは猛スピードで僕を追い越して
遥か千数百年前の昔に向かって走り去っていくような気がするのだ。

根拠も理由も何もないが、
ただ、なぜかそんなふうに僕は感じてしまう。 


参道の両脇には、数多くの、石灯籠。
大小さまざまな形やデザインの灯籠。

いわゆる、万灯籠。

線香の、良い匂い。


馬出橋(まだしのはし)、

馬止橋(まどめのはし)、

・・・・・・ 橋を渡っていくのは 「禊ぎ(みそぎ)」の意味があるという。

そして馬止橋を渡ると、
いよいよ緑深き森の中に入っていく感覚が、より一層わいてくるのだ。


車舎(くるまやどり)を右手に見て、
二の鳥居をくぐる。

(鳥居はくぐるたびに一礼する。)


祓戸(はらえど)神社の 
「伏鹿手水所(ふせじかてみずしょ)」 で、
口と手を清める。

その先の剣先石(けんさきいし)を
踏まないように気をつけながら
(踏むと よからぬことが起こる という言い伝えがあるからだ)、
でも結局少しは踏んづけてしまいながらも、

榎本神社に向かう。

大宮の前に、まずは榎本神社へ参拝。
それが順序だ。


そしてようやく、大宮へ。

南門から中門。

あたり一面の木々の緑は朱の色を称え、
朱は緑を大切にしている。

緑と朱の絶妙な色彩コンビネーション。

そんな空間。

南門の近くに、「砂ずりの藤」がある。

花が咲く時期には砂に着くほど伸びる藤の花。
見ごろは4月下旬から5月とのこと。


東回廊と南回廊の間の垂木(たるき)。

木を、 ねじっている??

大昔の宮大工たちの、
なんて高度な技術であることか。

いにしえの職人たちの、
きちんとした「仕事」を感じずにはいられない。

素晴らしい建築物だと思う。

敬意を。

職人たちに、最高の賛辞と敬意を、 表したい。


東回廊には傾斜がある。

山あいなら土地を削って水平に建てるのが現代の考えかもしれないが、
神の土地は畏れ多く、
削らずに、
そのまま傾斜のある土地に合わせて建てられているそうだ。


回廊ではいくつもの、本当にいくつもの
釣灯籠(つりとうろう)が視界に入る。

そのそばの格子。

絵画技法で言う遠近法のようなシーンが僕の目の前に広がる。

僕はそこで
釣灯籠と格子の数だけ、
向こうに歩けば千数百年前に、
背中の方に戻ればウォン・カーウァイ監督が描いた映画「2046」年の未来に、
行ってしまいそうな幻想を抱く。

まるで一種のタイムトンネルが、そこにあるかのように。

先に進めば昔に戻り、
後ろに下がれば未来に、というのが、
なぜだか僕にもわからない。

本来なら逆に感じてもいいのだけど、
こういう場所はそれでいいのかもしれない。

そう感じただけだ。

特に理由はない。

何が真実かは別にして、今の僕にとって
千数百年前の過去も、
2046年という未来も、
僕が存在する今このときとは異なる「空間」だということに
変わりはない。



大宮。

捻廊(ねじろう)。 


本殿では個人的な願い事は、しないのだそうだ。
公的な、天下国家の願い事をする。

でも、この僕が?
公的な願い事?
どういうふうに?

例えば、アメリカの金融問題とか?
はてさて。

とにかく、
個人的な願い事はその先の摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)で。


御間道(おあいみち)から若宮へ。


巫女(みかんこ)と神楽男(かぐらお)はどこに?

そして、梅の木はどこ?

「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける」
(紀貫之  百人一首)。


・・・・・ 僕は歩きながら思った。

ヘンリー・ミラーが「北回帰線」のラストで書いているように、
人間には時間よりも、空間が必要なのだ。

そりゃ、もちろん、時間も大切な概念で、
ある程度の分量の時間が存在しないと、お話にならないだろうけど。

でもやっぱり、 空間は時間をリョウガする、と思いたい。

この日のように、

一の鳥居から、少しずつ参道を歩く。
そこここで線香の匂いをかぐ。
古(いにしえ)の建築物を眺める。
いくつもの釣灯籠を過去と未来のはざまに立って、見つめる。
緑と朱という色彩を堪能する――。

空間を移動することによって、 
遥か昔への思いを馳せることが、 
少しはできるような気がする。

僕の青臭い、 淡い、 期待だろうか?

いずれにしても僕は
大和路で感動の極致にいたことだけは、確かなのだ。


・・・・・・ やがて北の方角への道に戻り、
この一帯を抜けて、
公園の緑の中、
ひたすら歩を進める。

鹿が、いる。

数多くの、鹿が。

かつて予知能力のある霊獣と考えられた鹿。

春日の神は平城京を守るために
白鹿に乗って大和に降臨したという、言い伝え。

歩く。

緑の中を。 

朱色はもう、見えない。

緑は僕を頭っから足の先まで包んで
どこかに連れ去ろうと画策している。

どこかって、それはまさか嬉しいことに、
月子さん(仮名)のところだろうか?

そうだと、いいのだけれど。

ねぇ、月子さん、
僕は少し、歩き疲れたよ。


酒(日本酒)が、欲しい。

銘柄は白鹿、かな、 やっぱり(笑)。

酒を、 飲もうよ。

大和の 夕陽を見つめながら。

♪ テーマ曲 「月光」 by 藤原道山 ♪
♪ テーマ曲 「ELM」 Cowboy Bebop サントラ 「No Disc」より ♪
♪ テーマ曲 「通り雨」 by 風 ♪
♪ テーマ曲 「スカボロ・フェア」 by サイモン&ガーファンクル ♪
♪ テーマ曲 「僕のいいたいこと」 by オフコース ♪

(つづく)

関連記事:
「いにしえの 春日の森の 神の空間(くに)」
「大和路の 夕陽に映える 寺を見る」
「東の塔は 墨絵の如く」
[PR]
by y_natsume1 | 2008-09-23 18:16 | アジア的独白

由比ヶ浜の月を 追いかけろ

2008年9月12日(金) 夜。 鎌倉・由比ヶ浜。

ビールとジントニックでほろ酔いの僕は
由比ヶ浜の砂浜に座って月を眺める。

波の音。 

月明かり。

美しい。

妖しい。

官能的。

ここ数年、毎年9月の半ばごろは由比ヶ浜で
月(中秋の名月)を眺めることにしている。

十五夜のお月様をちょうど見られればいいのだけど、天気予報(雨ならNG)や自分の都合なんかでドンピシャというわけにもいかず、その前後の日の夜に訪れることもある。

そのつもりはなくても結果としてキレイな月を、あるいは赤い妖しい月を、
見ることができた時もある。

例えば、過去のブログ記事だと、2005年9月の
「由比ヶ浜でモヒートを ~お酒の神様と 月が射す夜~」

お月様なんてどこで見ようと同じだろ、と言うなかれ。

都内でも月を見ることはできるけれど、
周りに建物があり過ぎる。
視界の角度が限られている。

海岸で海の方角に向かって
何の物体にも邪魔されずに眺めるのとは違うのだ。

それに、由比ヶ浜で見る月は、とてもとても近くに感じられる。




・・・・・・・ 歩いて、  いつもの某小料理屋へ。

いるいる、知り合いの人たちが。
4歳の双子の女の子たちとそのお母さん。

僕と同じように、よく金曜の夜に仕事を終えて都心からやって来るAさん。

小料理屋のマスターとママさんにご挨拶し、
座敷に上がる。

Aさんとは約1年近くぶりかも。


7月に、この小料理屋に久しぶりに来るまで
僕は約10ヶ月ぐらいは来ていなかった。

たぶん、僕が鎌倉に来ないときは、色々言いながらも大丈夫な時期なんだろうな。
本当にストレスがたまったり、どうしようもなく悶々としていたりするときほど、
鎌倉という別の空間にやって来たくなるのかもしれない。


やがて夜も更け、双子の女の子たちとお母さんは帰る。

ママさんから、
やり方が全然わからないということで
デジカメで撮った、お店での写真をCD-Rに焼いて欲しいと頼まれる。

へい、がってんだ、とばかり安請け合いしたが、
Aさんと僕はビールを飲みながら2人して、
初めて扱うマッキントッシュでえっちら、おっちら。

ふーん、 
超有名な(誰でも知ってる)ミュージシャンや俳優たちが
マスターやママさんと何枚も写っていて、
この店、実はゲーノー人たちには隠れ家的存在っていうか、
すげぇ店なんだなぁ、そんなそぶりは全然見せてないけどなぁ、と思った次第。

ここはBGMがなくて、静かなのがいい。

この小料理屋の静寂は、
僕を都心から異空間にトリップさせる感覚を抱かせるのに十分な要素だ。


ママさんが僕に言う。

「ブレッド&バターの、ほら、弟さんの方、何ていったっけ?」

「フユミさん?」

「そうそう、そのフユミさんがさ、こないだうちに来てね、明日(9月13日)江ノ島の虎丸座って知ってるかしら、そこでライブやるんだって言ってたわよ。 夏目さん、ブレバタの大ファンだからさ、行ったらどうかなって思って」

「へぇ、行きたいなぁ。 でもその日の夜は予定あるんだよなぁ。 残念だなぁ・・・・」


Aさんと映画「ブラザーサン・シスタームーン」の話になる。

僕は小学生か中学生の頃、TV放映で観ただけだけど、
とても印象深い映画で、
監督がフランコ・ゼフィレッリだということも覚えてたし、主題歌もちょっと覚えてて、
ほんのさわりを口ずさむ。

♪ ブラ~ザ~サン アン シスタ~~ム~ン ♪
 
(後でネットで調べたらドノバンの曲らしい。 
権利関係でもめてて、サントラは廃盤のままだそうだ。)


よく覚えてるねぇ、とAさん。




・・・・・ この夜、僕は確信した。

ヘンリー・ミラーが「北回帰線」のラストで書いているように、
やっぱり、人間には、時間よりも空間が必要なのだ。

都心で見る月よりも、鎌倉の海岸という空間で見る月の方が好きだし。

都内のおかしな酒場で3時間飲むよりも、
この小料理屋や長谷のカフェで1時間飲んで過ごす方が、
僕の精神状態は明らかに、良い。

時間よりも、 空間だ。 

「空間を移動することによって得られるタイムスリップにも似たような感覚・・・・」
(拙著 「アジアの匂い ~バリ島ウブドの休暇~」 あとがき より)


他にも以前いくつかのブログ記事で、書いたような気がする。

時間よりも、 空間が必要なのだ。


・・・・・・・ 終電が近い。

帰らなきゃ。
 
小料理屋の人たちや鎌倉という空間に感謝を。
ありがとう。 

(僕の鎌倉関係のブログ記事を読んで下さる方の中には、僕が鎌倉近辺に住んでいると思い込んでおられる方がいらっしゃるらしい。 僕は鎌倉から電車やバスを乗り継いで1時間半以上かかる、都内某所に住んでいる。)


お会計をして、小料理屋の玄関を出たら、
空には見事なおぼろ月が出ている。

由比ヶ浜の海岸で見たときは全然ぼやけてなかったけど、
今はおぼろ月に。


おみごと。

美しい。

中秋の名月は、 もう、 すぐだ。

ね、月子さん(仮名)。


♪ テーマ曲 「Pastness」 by tsunenori ♪ (←試聴可能、イチオシ!すげぇ)
♪ テーマ曲 「海へゆく」 by Soul Flower Union ♪ (←試聴可能)
♪ テーマ曲 「蘇州夜曲」 by 小田和正 ♪ (Youtube)

♪ テーマ曲 「Continue The Voyage」 by tsunenori ♪ (←試聴可能)

関連記事:
「だってお月様が出ていたから」
「葉山のカフェ・レストラン (1) ~「北回帰線」の空間へ~」
「由比ヶ浜でモヒートを ~お酒の神様と 月が射す夜~」
「十六夜の月 於鎌倉」
「ジャスミンと巫女」
[PR]
by y_natsume1 | 2008-09-13 15:01 | Moon

モノクロームの写真 ~北鎌倉と横浜と高田馬場と~

2008年9月6日(土)。

既存のCDラックに入りきらずに
部屋中にころがっていた行き場のないCD約1,000枚。

とうとう新たなCDラックを2つ購入し、
えっちらおっちら アルファベット順に整理。

その過程で本棚の後ろから、
フレームケースに入れた八つ切り大のモノクロ写真が出てきた。

ありゃま、 懐かしい。

1980年代半ばの大学時代、僕は某ボランティア活動をやっていたのだけれど、
大学卒業後2~3年ほどして (たぶん1990年ごろ?)、
ボランティア仲間の先輩の結婚式の2次会があり、
ボランティア仲間7~8人で
高田馬場か目白あたりの居酒屋の2階で飲んでた時に撮ったもの、 だと思う。

おそらく。

見事なショット。
こういうのを絶妙のシャッターチャンス、グッドタイミングというのだろう。

写真では、
僕は特に仲の良かった友人Yと、Yが当時付き合い始めていたKちゃんの間にいる。

僕は横に寝そべってKちゃんのひざ枕で悦に入り、Kちゃんは僕のおでこを撫でている。
隣のYは苦笑い。

男性は皆、スーツにネクタイ姿。
女性の方が数的には多い。 概して皆若い。

このあと、まもなくYとKちゃんは結婚する。
めでたし。

学生当時は皆それぞれ大学も学部も学年も違っていて、
様々な個性が垣間見られた数年間だった。

Yは僕と違って頭は抜群に良いけど、あんまりT大っぽくなくて、
気さくでナイーブで、アングラカルチャーに詳しく、学生演劇の舞台美術もやっていて、
大学は違うけどなぜか僕とはウマが合っていたように思う。

よく音楽や村上春樹や映画やカウンターカルチャーや家族やお互いのガールフレンドのことや文学の話をしていた。


そしてこの写真の仲間達とは学生時代、
ボランティア活動の打ち合わせと称して、
北鎌倉の一軒家 (かつてYの実家だった所で当時既に空き家だった) で
合宿したこともある。

そのことを写真を見て急に思い出した。

今思えば、
僕はあの頃から鎌倉にご縁があったんだなぁと、
改めて感じ入る次第。

そして、Yとはボランティアの合間に
佐野元春の横浜スタジアムでのライブ(カフェ・ボヘミア 横浜スタジアム・ミーティング)なんかにも一緒に行った。

真夏だったと思う。

例の曲の演奏が始まりそうになると照明が全部消され、
僕たち観客は恒例のように皆ライターを取り出し、明かりを灯す。

真っ暗な球場の中で、いくつもの星がきらめく。

観客と一体になった演出。

季節はずれの、真夏のクリスマスソング。


アイツ、今どうしてるだろう?




・・・・・・ ちなみに、件のモノクローム写真を撮ったのは、

その日主役だった新郎、今は某大手新聞社の報道カメラマン氏だ。


♪ テーマ曲 「Christmas Time in Blue ~聖なる夜に口笛吹いて~」 
             by 佐野元春 ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2008-09-07 16:48 | 日々の雑文

ひらけゴマ

映画は小学生の頃から大好きで、
それは今でも続いている。

それにも多少の波があって、
とりつかれたように週に5本ずつレンタルで観る時期が続くかと思えば、
映画館どころかレンタルでさえ数ヶ月何も観ない時もある。

この1~2年は、「多少の波」にかかわらず、
ハリウッドの大作映画はあまり観ていない。

脚本の内容があまりに薄っぺらになってきている傾向が強くて
どうも観る気がしないのだ。 

(観てから文句言え、っていうのが僕の信条ではあるけれど、どうもねぇ・・・。)

1970年前後の作家性の強いアメリカン・ニュー・シネマはかなり良かったのに、
ときどき観る最近のハリウッド映画は、頑張ってるんだろうけれど、ちょっとひどい。

だから、出張の飛行機の中などでたまには観るけれど、
自分からは段々観なくなる。

それにハリウッドの大作、話題作は、
あとあとレンタルでも地上波放映でも観るチャンスはいくらでもあるしね。

その代わり、
最近はちょこちょことミニシアター系の映画を中心に映画館で観るようになった。
公開後はレンタルされるのかどうかさえ不安になるような作品。

テレビCMなどの宣伝費をかけられない低予算映画だけど
一応観る前は良質の作品だと期待できそうなやつを
中心に観る (もちろんそれだけじゃないけど)。

ちなみに、

映画配給のビジネスでは俗に言う「P&A費」の2大コストが大きい。
P: Print フィルムの焼付け費用。
A: Advertisment 広告宣伝費。

普通は映画館と配給会社が興行収入を半分こする。
そこからP&A費を差っ引いて、あれやって、これやって・・・・・。
儲けは少ないかも。

そして映画制作側では
著作権を基にしたDVD化権やTV放映権、ゲーム化権などの
権利の切り売りビジネスを展開していく。

過去に勤務していた職場の仕事柄、
そういうのに接していたことがあって、ちょっとばかし知ってはいる。



そいでもって、この数ヶ月から半年ぐらいの間に映画館で観たのは、

ファクトリーガール 
ワンス ~ダブリンの街角で~ 
コントロール 
アイム・ノット・ゼア 
ラスト・コーション 
マイ・ブルーベリー・ナイツ 
パラノイド・パーク 
シティ・オブ・メン 
コレラの時代の愛 
画家と庭師とカンパーニュ 

などなど。

これらの映画を製作したスタッフたちに本当に感謝している。

ありがとう。

実際に自分の目で観てみたら、
例外はあるけれど、これらの映画は総じてどれも僕好みの興味深い映画だった。
感動したし、楽しめたし、深く心に残った。

映画製作スタッフたちよ、ホントにありがとう。

上に挙げた映画のいくつか (ていうか、実はほとんど) は音楽も気に入って
サントラCDまで買っているほどだ。

ただ、ガス・ヴァンサント監督の「パラノイド・パーク」だけは、
やっぱりカネ返せと言いたい。

詳細は書かないが、僕の感想はそういうことだ。
映画の中で使ったエリオット・スミスたちの名曲が泣いているゾ。

逆に、期待にたがわず良かったのが僕の中南米好きを反映してか、
「シティ・オブ・メン」 (ブラジル)、「コレラの時代の愛」 (南米コロンビアが舞台)、
そして意外な佳作、フランスの 「画家と庭師とカンパーニュ」 あたり。


特に、「画家と庭師とカンパーニュ」 はとても良質の、掘り出し物だ。

予算もあまりなくてTVのCM宣伝なんか殆ど(いや、全く?)していないだろうに、
たぶんクチコミなんだろう、今でもミニシアターには客が押し寄せている。

クチコミは時におそろしい。 影響力がある。

本当に観てよかった。

男2人の掛け合い漫才のような、
まるでドキュメンタリーかとさえ思うようなユーモラスな会話の応酬。

素朴で自然で、
成熟した(年齢を重ねた)からこその、大人の持つ魅力がある。

この映画の脚本には、明らかにハリウッド映画にはないテイストと発想がある。
若い人も、僕みたいに中年以上の人間も、じんわり、ホロリとくるんじゃないかと。

*************

ハーフボトルの赤ワインとバゲットとチーズとサラミで
胃袋を楽しませつつ、
この文章を書いている。

もうすぐ、中秋の名月だ。
あの国に住んでいるXXXさんは、もう月餅(ムーンケーキ)を買っただろうか?

関係ないけど、ラマダンは今回は早いんだなぁ・・・・。

♪ テーマ曲 「弦楽セレナード 第1楽章」 by チャイコフスキー ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2008-09-04 21:42 | 映画言いたい放題




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧