カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

京の女に言ふ

2008年1月某日 夜。

鎌倉。 
といっても山に近い、少々分かりにくい辺ぴな場所へ。

月が出ている。 

幹線道路から脇に入った、暗い小道沿いに、
寂しそうにポツンと明かりが灯っている。

あそこだ。

地元湘南出身の友人に紹介された某居酒屋。
夏目さんならたぶん、あそこのディープな感じ、気に入ると思うよ、と。

その友人によると
愛想はあまりないらしいけれど、
不思議な雰囲気のオヤジさんが朝4時まで1人でやっているそうだ。

・・・・僕は暗闇の中、1軒だけ明かりの灯るその店に入る。

他にお客さんは1人だけ。

店内はボリューム小さ目でジャズがかかり、
ノスタルジックな、古い壁掛時計や置時計が数多くある。

古い時計がいくつもある割には、
時間の流れが緩やかというか、ゆるいというか、
時間を意識しないでいられる。

むしろ時計がいくつもあることによって、返って、
時間が止まっているようにさえ思える、 本当にフシギな空間なのだ。


お通しは塩で味をつけたタコの刺身。

酒は茅ヶ崎の地酒だという天青を燗で。
寒い夜にはやっぱり燗の日本酒がいい。

お燗は僕の目の前の小さな囲炉裏で炭火でつけてくれる。

うまい。

友人に聞いたところによると、
オヤジさんは昔、ジャズミュージシャン&カメラマンだったらしい。

メニューはオヤジさんの自筆(毛筆)で、今日の日付も入っている。
ということは、今日のオススメは何ですか? 
なんて事を聞くのは野暮なので聞かないことにする。

メニューの上部にタイトルが書かれている。

”京の女に言ふ” (きょうのめにゅう)。

そういえば、京都のあの人は息災だろうか、と頭をよぎる。

カンパチの刺身。
都内で頂く刺身より断然イキが良くて、量が多くて、男には嬉しい。

うまい。

オヤジさんのオススメで、ドブ(どぶろくのドブ、だな)という
奈良のにごり酒を燗で。

すっごくうまい。
全然甘ったるくない。
ものスゴイ辛口&17℃という強さ。
酒飲みが好きになりやすい酒ではなかろうか。


店の中ではジャズピアノと女性ボーカルが
アンニュイに響いている。

音楽は流れていても、静かだ。

「お客さん、東京からわざわざ・・・・。 今夜はお泊り、ですか?」

「いえ、一応帰るつもりです。 泊まった方が安上がりなんでしょうけど・・・」

「そうですねぇ・・・。 タクシーで帰るよりは泊まった方がねぇ・・・・」


鴨葱の塩焼きを頼む。

この味は最高である。

これも量が多い上に、辛味のピリッときいたいい葱と、
歯ごたえのしっかりした鴨の肉に感動する。

「あとで吟醸酒を飲まないんでしたら、鴨葱に七味をかけて召し上がっても美味しいですよ」、と親切なアドバイスがオヤジさんから。

オヤジさんの愛想があまりないなんてこと、なかった。 
実際、僕にとっては。  普通だよ。
1人でやってるから調理してる間は奥に引っ込んじゃって注文しづらいけど。

残っている鴨葱に京都の黒七味をかけて頂く。

うまい。

ドブの燗、もう1本。 
酒が進む。

   京、時計、月、ジャズ、酒、そして・・・・。


客はやがて僕1人になる。

オヤジさんは一息つくとジタンを吸う。

僕はゴロワーズを。

オヤジさんは僕のゴロワーズを見て、ニヤリ。

’70年代の某ミュージシャンたちやCM製作関係者のエピソードなどを伺う。
(実はこのお店にはユーミンも来たことがあるんだってさ。音楽関係者が多いんだろうな。)

僕がときどき世田谷の自宅から鎌倉方面に飲みに来るその微妙な心境を、
肝心な所を外さずに、このオヤジさんはちゃんと分かってくれたらしい。

分かりますよ、こっちに来る電車に乗ってる時間でさえ、
大事な旅の一部なんでしょ?
鎌倉は、お客さんにとっては桃源郷みたいなもん、かなぁ
、と。


ここはフシギな空間だ。

ゆる~い。

時間が、 みごとに、  止まっている。

落ち着いた、静かな空間で過ごせていることの、なんと幸福なことか。

僕は確かにこの居酒屋にいるはずなのに、
まるで別の時代の天国か どこかの癒しの空間にでも
トリップして来てるようなヘンな、
けれど心地いい気持にさえなる。

ありがたいことだ。

止まった時間、  静かな空間。


ヘンリー・ミラーは、「北回帰線」の最後で書いている――
時間よりも空間が必要なのだ、と。
僕はそれを、しっかりと思い出す。

ドブを、グイっと頂く。 力強い酒は今の僕にはエナジーだ。


・・・・ お会計をして店を出るとき、オヤジさんが
おいしいよ、ミカンもってって、と。

いくつか、頂く。 

そういや、もうすぐチャイニーズニューイヤーだな。
ミカンは華人の旧正月じゃ縁起物だ。 
マンダリンオレンジ。


店を出て空を見上げたら、
底冷えのする夜空に無茶苦茶キレイな月が光っている。
僕はオパールを 思う。
月明かりは美しい。

心底冷える、寒い夜だ。
熱燗で温まった体でも、すぐに冷えていきそうなほど。

オヤジさんが店から出てくる。
僕が忘れた100円ライターを渡してくれる。

「あぁ、どうも、どうも。 すんません。 ありがとうございます」

店のすぐ前でオヤジさんと言葉を交わす。

「オヤジさん、あの月、なんだかすっごくアヤシイっすね」

(この鎌倉の山ん中の店も、相当アヤシイけどね、と思いながら。)

「そうですねぇ、今夜は何か起こりますかねぇ(笑)。 
では、お気をつけて。 ぜひまたいらして下さい」



・・・・・ 僕は通りに出てタクシーを拾う。
後部座席に深く身を沈め、落ち着いた僕の目にまた、
月が、映る。

夜の空、 月が、 見えている。


酔いどれの僕はこれからどこへ向かう? 
運転手さんに告げた行き先を、 変更しようか???

  まさか
     京(みやこ)か
        はたまた月か?


*************


後で味わったミカン、とてもおいしかった。 
こんなに甘くておいしいミカン、久しぶりだったな。

それにつけても、「京の女に言ふ」、とは気に入った。

僕は今もオパールを探し求めている。 
ふらふらと酔っ払いながら。

あてもなく。

♪ テーマ曲 「Follow Me」 by 伊藤君子 ♪
♪ テーマ曲 「無人島」 by doa ♪
♪ テーマ曲 「野生の馬」 by シローとブレッド&バター♪
    (ファースト・アルバム 「ムーンライト」(1972)より)
[PR]
by y_natsume1 | 2008-01-27 18:23 | 鎌倉湘南Seaside

キャメロンの蝶は 三日月に吠えたのか

蝶(バタフライ)の形をした緑色のバレッタは、
オパールに命を吹き込んだろうか。

1990年代のキャメロン高原には
蝶は数え切れないほどいたけれど、
今の東京じゃ、いくら探してもオパールは見当たらない。

そもそも
僕がずっと探しているのは、ラジャブルックなんかじゃない。

緑の蝶によって花芯を大きく勃起させた、
官能的なオパールなのだ。

それは、いつも、果てしなく遠い所にある。
M78星雲 ひかりの国よりも、もっと遠くだ。

そこには絶望的な希望が、まだ、  あると言うのかい?

♪ テーマ曲 「心のリズム飛び散るバタフライ」 by doa ♪

関連記事:
「熱い絹」 
[PR]
by y_natsume1 | 2008-01-24 20:35 | アジア的独白

甘いマーマレード 苦いマーマレード

今の銀座のオネエサンたちも、
さすがに

成瀬巳喜男監督の映画 「女が階段を上がる時」(1960 東宝)

ぐらいは、その世界のバイブル的なものとして
観たことがあるだろうか。


・・・・・ ないだろうな、たぶん。 

けっこう昔のモノクロ映画だもん。


高峰秀子の美えいと存在感が秀逸。

この映画を観ると、

なんだか、この映画の製作当時も今も、
人間の基本的な営みは
それほど変わるものではないのだろうなぁと思えてならない。

今観ても、この映画、意外に面白い。 
身につまされる中年男性も多いだろう。

色事は 四十からが 面白し、

なぁんて江戸の川柳、自分にはいまだにご縁がない一方で、
この映画の男達はみな、
揃いも揃って色っぽくて、しかも大バカ野郎ばかりだ。

バカだねぇ、オトコは。 
そして、オンナも、かな。


マーマレードは甘いけれど、
柑橘系らしい酸味や苦味も、少しはないとな。

♪ テーマ曲 「クレオパトラの夢」 by Bud Powell♪
[PR]
by y_natsume1 | 2008-01-19 14:12 | 日々の雑文

もっと売れて欲しいバンド doa

doaのオフィシャルサイトはここ
全曲試聴できる。

派手なロックを
アコースティック・ギターと見事なコーラスで聴かせる。

ほとんどの曲で生ギターのカッティング・ストロークを
前面に押し出した、かっちょいいサウンドである。

イキのいいボーカル。
特にハーモニーがすごい。
大人な詞のセンスもいい。 

ホントにカッコよくて良い曲ばかりだと思う。

うちの5歳の王子も
このバンドの大ファンである。

ウルトラマン・ネクサスの主題歌「英雄」がdoaの曲だったから。
(脚注参照)


彼ら3人のうち2人は
B'zのレコーディングやツアーでサポートメンバーも務めている。

もう1人はオーストラリア育ちのボーカリストで、
フォーミュラーニッポン等の現役レーサーでもある。


アルバム3枚とも、完成度からしても、
もっと、もっと売れていても
おかしくはないはずなのに。

今の評価や知名度は、
実力からするとまだまだ低いのではないのかなぁ、と。

B'zにちょっと似てる(と受け取られやすい)から、
かえっていけないのか。

B'zに似てるといっても、サポートメンバーで音出してるんだから
似てるも何も、音はそれそのものだろうに。

もし殻を破れないとしたら、ポイントはそこか。


でもオリジナルの音である限り、
大衆に媚びないで
そのまんまでいいのかもしれない。


とにかく、もっと、もっと、売れて欲しい。

♪ テーマ曲 「英雄」 by doa ♪
(ウルトラマン・ネクサス/ オープニング主題歌)

*************

(注) 
ちなみに、2つの点で、doaの 「英雄」 という曲はとてもユニークだ。

1. 歴代のウルトラマン・シリーズの主題歌で、タイトルにも歌詞にもウルトラマンや防衛チームの名前が全然入っていないのは、この 「英雄」 だけなのだそうだ。 もともとウルトラマン用に書かれた曲ではなかったのかもしれない。

2. おまけにレコード会社の権利関係から、ウルトラマン・シリーズの主題歌集のCDには、ネクサスがらみの曲(doaや三枝夕夏の曲)だけが、入っていない。 
(ウルトラマン80の曲も入ってなかったかもしれないけど、未確認。)

でも、僕にはそういうのが返ってよかったのかもしれない。 
doaのCDを聴くきっかけになったからだ。 

そもそもウルトラマン・ネクサスだって、主題歌同様、ウルトラマン・シリーズの中ではとてもユニークな存在なのだし。 

ネクサスはシリーズの中では最も大人向け。 ウルトラマンに変身するのが主人公ではない別の人物という意味不明な設定で異端視されているけれど、重いテーマ性やシリアスな展開などに特筆すべきものがあり、セブンとは違った意味でとても完成度の高い作品だと言われているのだ。

以上。
[PR]
by y_natsume1 | 2008-01-13 10:23 | Music Bang Bang

鳴門の渦潮はエーゲ海にもあるのだろうか

2008年1月初旬の某日(休日)。

真っ昼間から酒を飲みながら、

ヘンリー・ミラーのギリシャ紀行、
「マルーシの巨像」 を読む。


ミラーの小説にしては珍しく、
(というか、解説によれば彼の作品中でも唯一、らしいが)
性描写のシーンがない。


これまでに読んだことのあるヘンリー・ミラーの他の作品は、
ホントに 1930年代~'50年代頃に書かれたのかと思うほど、
今の感覚でも わりあい過激なポルノグラフィーか
それに近いものが多かったというのに。

直接的な単語は使っていないけど、
3Pとか、酒場での娼婦の手コキとか、フェラチオとかの明確な描写も
平気で出てくる。

あの時代に、だぞ。 
村上龍の「エクスタシー」ほど過激じゃないけど、
これじゃぁ、本国アメリカでずっと発禁処分になるわけだ。



けれど酔っ払った僕は、
ポルノではないはずのこのギリシャ紀行文にさえ、
なぜだか自分自身が固く勃起させられるのを
止めることができないでいる。

ギリシャそのものが卑猥で官能的だからなのか。

そして、何を書こうとヘンリー・ミラーの存在自体があやうい、
無頼なものだからなのか。



だとしたら、

僕が今も探しているオパールは、

もしかしたら

1939年のギリシャにあるのかもしれない。

教えてくれ、 オパール。 

イマ ドコナンダ ?

♪ テーマ曲 「風を撃て」 by キリンジ ♪

関連記事:
「葉山のカフェ・レストラン (1) ~「北回帰線」の空間へ~」
「ゆるゆるとシンガプラ (8) 最終回 ~南回帰線はまだか?~」
[PR]
by y_natsume1 | 2008-01-09 22:09 | Books

変態 変体 ヘンタイ

最近の日産デュアリスのテレビCMを観ていて連想するのは、

映画 「トランスフォーマー」 (2007年) よりも、

むしろ

アニメ 「超時空要塞マクロス」 (1983年)だ。

僕のような世代には、
さすがにマクロスがまず頭に浮かぶ。

・・・・・・・・ と思っていたら、
なんのことはない。

マクロスの関係者、河森正治氏が
日産にからんでいたらしい。

その件に関するプレスリリースはここ

なぁんだ、その意味で僕の連想は、
当然といえば当然だったのか。

やっぱり僕の感性や発想なんて、極めてフツーなのだな。

♪ テーマ曲 「Jet」 by Paul McCartney ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2008-01-06 12:25 | 日々の雑文

酔っ払いのたわごと (6)

深夜のタクシーの中で

固く勃起した僕自身を握りしめるあなたは

他のオトコを犯しているにすぎない
[PR]
by y_natsume1 | 2008-01-05 04:13 | 日々の雑文

赤い呪文

2008年1月初旬の某日。

僕はその日、
いったい誰からのコンタクトを
ずっと待っていたというのだろう。

43年もかけて。


「28種類の色彩」は
僕にはいっこうに見えない月を
鮮やかな赤色に染めあげる。

僕はオパールという赤い月に
狂いまくっている。

♪ テーマ曲 「無人島」 by doa ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2008-01-05 03:01 | Moon




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧