カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

久しぶりのお気に入り時代劇

NHK木曜時代劇 「陽炎の辻 居眠り磐音 江戸双紙」

脚本がかなり頑張っている。 
昨今のTVドラマ界にあっては珍しいほどのデキの良さかも。

山本耕史、いいねぇ。 いい俳優さんになってきてる。
大ファンである。

最近は現代劇なのかオチャラケなのか分からないような、
中途半端な時代劇が多い中、
久しぶりに、大人の鑑賞に耐え得る、
お気に入りが出てきた感じ。

♪ テーマ曲 「サクセス」 by ダウン・タウン・ブギウギ・バンド ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-31 22:13 | 日々の雑文

亜空間の果て(2) ~赤い月の夜~

2007年7月27日(金) 夜。  三宿。

R246から少し路地に入ると、角度によっては低い位置に月が見える。
赤い月。
月暦ではあと2日か3日で満月のはず。


某ビストロで食事。

お酒にとても合う濃い目の味付けの料理。  
うまい。
しかも比較的安くて、店内も気さく。

はからずも、本当にタフな一週間を過ごした後の、
週末のご褒美になっている。

気取らない居酒屋フレンチっていいもんだ。
さすが、「酔っ払い」 という店だけのことはある。

辛子をつけてトリップ(牛胃煮込み)を食べていると、
なぜだか 映画「花様年華」 みたいな雰囲気さえ、 漂う。

世間とは少し違うスピード感で時間が流れている空間に、いるかのように。

それが良かったのか悪かったのか、
リアルに酔っ払った僕は、
また、
近くの亜空間にトリップしようとする。

そう、 リアルから 別の世界へ。

某ビルのX階にある亜空間からは
低い位置にあるリアルな赤い月は 見えない。
ここではリアルなものは何も見えなくて、でも、それでいいのだろう。
代わりに、複数の擬似満月が
ガラス越しにやわらかな照明としていくつも浮かび上がっている。

そこには、 「亜空間の果て」 に通じる回廊があるはずなのだけれど・・・・。

どこだ!?

♪ テーマ曲 「モナリサ」 by ナット・キング・コール ♪

関連記事:
「亜空間の果て」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-28 10:49 | Moon

緑の朝は赤い夜に勝てるだろうか

ここ数日、タバコの銘柄を 
マルボロライトから
アメリカンスピリット(メンソール ウルトラライト) に
ちょこっと変えてみた。

パッケージが黄緑色のやつ。

ゴロワーズのカポラル(両切り)
マルボロライトも
今も場所によっては(=要するに週末の夜の酒場では)吸っているけど。

アメリカンスピリットは
「踊る大捜査線」で織田裕二が吸ってた銘柄 (たぶんレギュラーだったと思う)。

僕自身は先日、鎌倉で友人から頂いたのがキッカケ。
結構気に入っている。
くせになりそ。

添加物一切なしのナチュラル、葉の持ち(時間)が長め。

今までお酒を飲んだときだけだった喫煙が、
ここ数ヶ月、昼間にも。

だから、
アメリカンスピリットのウルトラライトみたいな軽めのがいいかな、
とも思うが、
所詮、タバコはタバコ。 

五十歩百歩か。 百害あって一利なし。

今年6月に上海に出張したとき、オーストラリア人の女性管理職からも、

「あんたたち、タバコなんか吸ってるのっ?!」

と、まるで不良中学生を見るようなまなざしで
言われたっけな、僕たち。 いい歳こいてんのにさ。


真夏の蒸し暑さ。 ストレスフルな毎日。

緑の葉に映える紫煙は 赤い勝負を凌駕するだろうか。

増えてきた、 タバコの本数。 けれど、
見えてきた、 僕自身のファイナル・ゴール。

♪ テーマ曲 「吸殻の風景」 by さだまさし ♪
♪ テーマ曲 「Dreamin'」 by BOφWY  ♪
♪ テーマ曲 「On the Turning Away」 by Pink Floyd ♪

関連記事:
「雨の鎌倉高校前駅にて (2)」
「魔性の都市で杯を (2)」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-26 21:14 | Back Street Days

レトロな洋食屋さん ~キッチングラン~

東京・神田神保町 白山通り沿いにある
レトロな洋食屋さん、

キッチングラン

20年以上前はお店も味も、文字通りレトロ。
よく通ってた。

安くて、美味しくて、ボリュームがあって、懐かしい洋食の味。

2~3年前に久しぶりに
白山通りのはす向かいからちらっと見かけたときは、
リニューアルされ、より清潔感のある店構えに。

(って、ここまでは別の記事とほとんど同じ文面だな・・・)

先日、約20年ぶりにお店に入って、
メンチカツとしょうが焼きの盛り合わせ定食を頼んだ。

メンチカツは刻んだタマネギの具などの食感が分かる感じで 大好き。
濃い目の味付けの、付け合せのスパゲティナポリタンもうまうま。

変わらない。

嬉しい。

安い、うまい、ボリュームがある。

今も、大ファンである。

♪ テーマ曲 「銀色の道」 by ダークダックス ♪

関連記事:
「レトロなライスカレーのお店」
「レトロな洋食屋さん ~キッチンカド~」
「レトロな洋食屋さん ~キッチングラン~」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-24 19:34 | ごはん

晩酌セット

2007年?月?日(?) 暮れ六つ。

小さなお盆の上に、
熱燗とっくりとおちょこ。 
箸置にお気に入りの箸。
冷奴と胡瓜のぬか漬け。

小宇宙のように静かに存在している、
いつもの、晩酌セット。

日本酒をやりながらのBGMはいろいろ。 

ロッド・スチュアートのアメリカン・スタンダード集。
小椋佳、加山雄三、シュガーベイブ、風など。
ジャズピアニスト、ポール・ブレイのデビューアルバムも。

晩酌セットは、
僕に幸せな癒しの時間をもたらすのである。

♪テーマ曲 「Blue Sky」 by Rod Stewart ♪
♪テーマ曲 「屋根のない車」 by 小椋佳 ♪
♪テーマ曲 「白い砂の少女」 by 加山雄三 ♪
♪テーマ曲 「通り雨」 by 風 ♪
♪テーマ曲 「ほおづえをつく女」 by 風 ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-24 18:32 | 酒×酒

好きなCD (12) ~筒美京平トリビュート~

このCDはいいっ!

どの曲も 大好きだ。
懐かしさと、 シンプルで美しいメロディ。
これぞ 歌謡曲の楽しさ。

1曲目から自分もカラオケで歌いたくなる。

歌謡曲って、いいですね。

♪ テーマ曲 「夏のクラクション」 by ゴスペラーズ ♪

b0058966_8222322.jpg
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-21 08:21 | Music Bang Bang

レトロな洋食屋さん ~キッチンカド~

東京・神田神保町の白山通り沿いにある(はずの)
レトロな洋食屋さん、

キッチンカド

20年以上前はお店も味も、文字通りレトロ。
よく通ってた。

安くて、美味しくて、ボリュームがあって、懐かしい洋食の味。
黒コショウが少し入った味噌汁の味がまた良かった。

2~3年前に久しぶりに
白山通りのはす向かいからちらっと見かけたときは、
リニューアルされ、より清潔感のある店構えに。

先日、行ってみたら なんと キッチンカドは 

なくなっていた。

というか、息子さんの代になり、
イタリアンレストランとして再出発。


イタリアンが悪いわけじゃないけど、
キッチンカド、残っていて欲しかったなぁ。

ボリューム、味、安さ、
そして とっても礼儀正しくて誠実そうな先代ご主人と奥さん・・・。

大ファンだった。

今後は息子さんのイタリアン料理のファンに、 さて、なれるかしらね?

♪ テーマ曲 「A Place In The Sun」 by Stevie Wonder ♪

関連記事:
「レトロなライスカレーのお店」
「レトロな洋食屋さん ~キッチンカド~」
「レトロな洋食屋さん ~キッチングラン~」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-19 19:31 | ごはん

雨の鎌倉高校前駅にて (3)

2007年7月15日(日) 朝。 前夜からのつづき。

部屋に戻って2時間ほど仮眠をとり、
わざと薄めに入れてくれたコーヒーを頂いてから、 
友人宅を辞する。


都内世田谷の自宅に戻るべく、
江ノ電 鎌倉高校前駅へ。

台風が近付いている。
そして、僕たちにとっての「アレ」も、近付いている。


b0058966_1462880.jpg


朝の駅から見える海や空は鉛色。

近くの江ノ島さえ、霞んでいる。

波、高し。











けれど、逆に心は晴れやかだ。

携帯プレーヤーでいろんな音楽を聴きながら、
まだ酔っ払っている体を持て余すかのように、

僕は 鎌倉行きの江ノ電に 乗り込む。


黙って飲んだ 薄めの 朝のコーヒーを  僕は忘れないだろう。


(終わり)

♪ テーマ曲 「時の過ぎゆくままに」 by 沢田研二 ♪
♪ テーマ曲 「さらば恋人」 by 山崎まさよし ♪
♪ テーマ曲 「さよならを云う気もない」 by 沢田研二 ♪
♪ テーマ曲 「奇跡の地球」 by 桑田佳祐 & Mr.Children ♪

関連記事:
「雨の鎌倉高校前駅にて(1)」
「雨の鎌倉高校前駅にて(2)」
「雨の鎌倉高校前駅にて(3)」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-15 13:56 | 鎌倉湘南Seaside

雨の鎌倉高校前駅にて (2)

2007年7月14日(土) 夜。 鎌倉 某和風小料理屋での つづき。

ビール、焼酎、馬刺し、煮豆など。
マスターやママさん、友人たちとの幸福な会話。

外では、
風はそれほどでもないけれど、雨は一段とひどくなっている。
台風が近付いてきている、という実感がわいてくる。

海岸の近くだからだろうか、小学校に避難しろという
役所のアナウンスまで聞こえてくる。

夜も遅い。

鎌倉高校前の友人宅に泊まることにする。

帰途、タクシーでR134を走っていると、
不気味な暗黒の中で、大きくて真っ白い波が、
明確にそれとわかる音と共に、打ち寄せる。

シャレに、ならん。
道路の上にまで波しぶきが押し寄せてきそうな勢い。

避難、避難。

高台の友人宅に着き、
またもビール、焼酎を頂く。
ほとんど僕だけが飲んでいる。


いろんなことを語り合える、そんな夜だったのだ、今思えば・・・。

ウォルター・ビショップJrの直筆サイン入りCD(「Speak Low」)。
キングクリムゾンの海賊版ライブ。
星なんて、こんな夜は見えやしない。
仮面ライダーブラック。
エマーソン・レイク&パーマーの「展覧会の絵」に入っている「The Sage」という曲の生ギターソロ演奏。
僕と親しかった某映画プロデューサー(故人)のこと。
ドリアンとマレーシア。
マイルズ・デイビスの「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」。
ライカのカメラ VS.ニコンのカメラ。
映画 「デューン 砂の惑星」 と原作内容の違い。
シカゴ・ブルーズ。
トリップしちゃいそうなプログレ・ロック。
ニューヨークのライフスタイル。
NYUは学閥としてどうなんだろ。
サンタナのゆったり感。
ピンクフロイドの「原子心母」は「マネー」の変則7拍子よりいい?
マーロン・ブランドのセピアカラーの生写真のエピソード。
そして、「あのこと」 も。


・・・・・・ 話は、 尽きない。


・・・・・ やがて、夜が明けようとする。

七里ヶ浜に面した、部屋の窓。
ブルーグレーに染まる空と、海が、見える。

見事なブルーグレーの色だ。

マルボロライトはとっくに吸いきり、
友人のタバコ(アメリカンスピリット)をもらう。


・・・・ 本格的な嵐の前の静けさ なのか、 
空も海も、少し穏やかになったようにさえ見える。
でも、実は、波はずっと荒れたまんまだ。

こりゃ行ってみるべきだろってんで
部屋を出て、
友人とR134の海岸沿いまで下りていき、
荒々しい高波を、しばし見つめる。

波と波がぶつかってできる泡のような白さは、
何を象徴するというのか。

京都では祇園祭、パリでは革命記念日(パリ祭)、
そしてここ、鎌倉では台風、か。

ブルーグレーの夜が、 明けるよ・・・・・・。


(つづく)

♪ テーマ曲 「アウシュビッツの雨」 by 松尾一彦 ♪
♪ テーマ曲 「追憶」 by 沢田研二 ♪
♪ テーマ曲 「Starless」 by キングクリムゾン ♪


関連記事:
「雨の鎌倉高校前駅にて(1)」
「雨の鎌倉高校前駅にて(2)」
「雨の鎌倉高校前駅にて(3)」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-15 13:33 | 鎌倉湘南Seaside

雨の鎌倉高校前駅にて (1)

2007年7月14日(土) 大雨。

こんな天気なのに、
友人宅を訪ねて、江ノ電 鎌倉高校前駅へ。
よく映画やテレビのロケに使われる、海が一望できる 駅。

台風が近付いているせいか、
週末の湘南にしては観光客もおらず、
人が少なくてかえって いい。

(・・・・ 気象状況は実はもうこの段階で、そんなのん気なことを言ってられるような状態ではなかったらしいのだが、僕は 会いたい人には会えるときに、できるだけ会っていたいと、単純に考えてたのだ・・・。)


高台にある友人の部屋の窓からは
七里ヶ浜の海が一望できる。
さすがに波の音は普段よりスゴイらしく、よく聞こえる。

お手製 キーマカレーをいただく。
ピリ辛ではないがコクのある とてもおいしいカレー。
うまうま。
日本のルーを使っていないのが またいい感じ。



・・・・・・ やがて夜になり、
鎌倉駅方面へ飲みに出かける。
いつもの和風小料理屋。


ママさんが僕に向かって、
「いつもお1人なのに、今日は珍しいですね(笑)」
と言いたそうな、にこやかな表情をみせる。

僕は黙ってウィンクする。

暦の上では、今夜の月は  新月。
ほとんど形が見えない、 真っ暗な月。

この天気では いずれにしても月は見えないのだけれど、
これから月が満ちていくように 新しい何かが始まる、と思えば、
今の、僕らしいじゃないか。 ねぇ・・・・。

豊かな時間と空間。

そして僕は、鎌倉にいるのに 同時に京都にも憧れている。
古い京(みやこ)って、 いいですね。

(つづく)

♪ テーマ曲 「スケベリーNICE!?」 by 好色人種 ♪

関連記事:
「夜の鎌倉 おぼろ月」
「雨の鎌倉高校前駅にて(1)」
「雨の鎌倉高校前駅にて(2)」
「雨の鎌倉高校前駅にて(3)」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-07-15 13:17 | 鎌倉湘南Seaside




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧