カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


カテゴリ:四国( 10 )

夏越(なごせ)の花火はどこにある?

前回のエントリ記事、「深夜バス」の続き。

**************

2008年7月31日(木) 早朝7時。

実父の家に着き、朝ご飯をごちそうになる。

隣の畑で実父が育てた無農薬野菜をふんだんに使った
品々(トマト、ゴーヤ、玉ねぎ、ほうれん草等)。

梅干、ゴマ、トウモロコシ(これも自家製)、

野菜たっぷりの(おかずになるぐらいの)味噌汁、

大根の煮物、焼き魚、ごはん等々。


健康的。
しかもこれが朝ご飯かというほど、多彩なおかずの数々。

なんて美味しいんだろう。


「ビール、いこか?」 と実父。

「はい」 と僕。

始まってしまった。
エンジンかかってもうた。

墓参りもしてないうちから。 
朝から開店、居酒屋XX。


窓を開けると風の通り道なのだろう、涼しい風が入ってくる。
瀬戸内の海辺からの風が、高い建物も特にないからそのままやって来る感じだ。

気持いい。

何本ビールを飲んだろう。
何杯ワインを空けたろう。
何杯ウィスキーの水割りを作っていただいただろう。


飲みながらいろんな話を聞く。

・・・・・・・ 実父の再婚相手である継母の祖父が、
菊池寛の従兄弟であることを初めて知る。


・・・・・・・・僕は、
義母(自分の相方の母親)が昔、米軍基地で歌っていたことや、大映映画にも少女役で何本か出ていたことを話す。


そして、実母や祖父の話も少し。


・・・・・・ 72歳の実父がこの数年、はまっているのがマスターズの水泳だそうだ。

世界大会は2年ごとにあり、2008年はオーストラリアのパース。
遠いので参加をやめたとのこと。

2010年の大会はスウェーデンで開催予定であるという。
パースよりも遠くて、かなり長旅になるが、今度は行きたいらしい。

スウェーデンの企業で働いてる元水泳部の友だちがいるよ、とか、
自由参加なんだから行ってくれば、と僕は適当なことを気楽に言う。


・・・・・・ここは高松市内ではないが、継母は高松の出身。
昔の高松のお話をいくつか伺う。


江戸時代、旧高松藩の藩主は代々松平家。

その松平家というのが元々水戸徳川家の流れを汲む松平で、
水戸から国替えで讃岐高松にやってきたお付の武士達がかなりいたらしい。

だから今も、高松には元をたどると水戸出身者が多いらしい。

そんなこと、僕は今まで知らなかった。

僕は高松市内で生まれたのだけれど、そういうのは
このとき初めて知った。


(注) Wikipedia 「高松藩」 より引用:

寛永19年(1642年)、東讃地域に常陸下館藩より御三家の水戸徳川家初代藩主・徳川頼房の長男・松平頼重が12万石で入封し、実質的に高松藩が成立した。頼重は入封にあたり、幕府より西国諸藩の動静を監察する役目を与えられたという。





―― そのうち(たぶん夕方)僕は、酔っ払って寝てしまう。


夜になり、
「なごせの花火やで!」 と継母から3度も起こされたが、
僕は翌朝まで起きなかったらしい。

隣村の神社の夏越(なごせ)で花火が打ち上げられると、
神社に行かなくても、
この家の窓からも十分見えるらしいのだけれど。


いずれにしても結局、 花火は見れなかった。

あ~あ、今年も見損なったぞ。 

行き損なった。

また来年以降だな。

おバカさん。

でも、 「旅は愚かな 方がいい」  とも言うからねぇ。


実父にも、 
「おまん(お前)、なごせに行くんでなかったんか? 
ほんま、なんしに来たんじゃろのう(笑)」
と言われる始末。

あんなに僕に飲ませた張本人のくせに。

ホント、何しに来たんだか、 僕は。

これも一興か。
僕らしいといえば僕らしいてん末。


いまだに、
なごせ祭にご縁がないのはどうしてだろう。


夜行バスであまり眠れていなかったせいか、
バスに乗る前日、明け方5時まで飲んでてそのまま出社した体力消耗のせいか、

とにかく、月子さん(仮名)がたとえ37万回、
裸で僕を誘惑しようとも目覚めそうにないくらい、
僕はぐっすりと眠っていたらしい。


僕はそのあいだ、この世から、この世以外のどこかに、
ちょっとばかし幽体離脱していたのかもしれない。

記憶がとんでしまった時間帯に、
僕は叔父や、年上の従姉妹に会ったような気がするからだ。

全く覚えていないけど、会ったという感覚だけは残っている。

(あとで継母に聞いたら、現実に僕は彼らに会ったそうだ。)

それはまるで村上春樹の 「海辺のカフカ」 の主人公カフカのようだった。
幽体離脱でもしている感じで。

母を求め、父を殺し、姉とも交わるギリシャ悲劇オイデプス王をモチーフにし、
雨月物語の雰囲気さえも併せ持つ、あの小説の主人公カフカ・・・。

僕もカフカのように深夜バス(つまり陸路)で新宿から四国香川県というエリアに
入っては来たけれど。

小説と、僕の現実とが決定的に違うのは、
僕は実父を殺したりしないし、実母は既にこの世にはいないし、
姉のような存在の従姉妹(すっごい美人の独身ピアノ教師)と僕は寝たりしない、ってことだ。


オパールは、けれど、ここでもやっぱり見つからない。
それだけは、確かなようだ。



翌朝(2008年8月1日金曜)、朝ご飯の後、

仕切りなおしで今度こそちゃんと墓参り。

祖父と実母の方に行った後、実父のご先祖様(僕のもう一人の祖母)のお墓へも。


暑い夏の陽射し。
セミの鳴き声が、うるさい。 


墓参りの後、お昼ご飯にハマチとカンパチの刺身や大根の煮物などを肴に
酒、ビール。

刺身の合間に生のニンニクをかじる。

うまい!

ハマチの力強さには、ワサビだけでなく、
ニンニクぐらい強い薬味があってもいい。


カンパチはさすがに旬ではないので脂のノリが今ひとつよくないが、
ハマチ(出世するとブリになる)は香川県の県魚で、一応、年じゅう旬。 

最高だ。 分厚くて、うまい。

香川県には世界で初めてハマチの養殖に成功した漁師町があるほどだ。



午後3時ごろには、これまた隣の畑で実父が作ったスイカを食べる。

飲んで食べてばっかりだな。






・・・・・・・ この日の夜、再び深夜バスに乗って僕は東京に戻る。

高速道路のバス停でバスを待つ間、空を見上げる。
月が出ていたら月子さん(仮名)に携帯メールでもしようかと思って。

でも、星は出ているのに月はどこを探しても見つからない。

いつも切望している赤い満月どころか、
この夜は月そのものが見えない。

仕方なく、 あきらめる。

(あとで月齢カレンダーで調べてみたらこの日の夜はちょうど新月だった。 見えないわけだ。)

日程的には少々慌しい、けれど精神的にはのんびりできた、
夏休み第1弾。


夏太りだ。 完璧に。

太った。

いかん。

食べた、飲んだ、そしてまた、食べて、飲んだ。


僕を乗せた深夜バスは 「この世」と「あの世」のはざまの島から、
大きな橋を渡って「現世」に戻る、 いや、本州に向かって、 走る――。


(終わり)

♪ テーマ曲 「夏休み」 by 吉田拓郎 ♪
♪ テーマ曲 「奇跡の地球」 by 桑田圭祐 & Mr.Children ♪
♪ テーマ曲 「My Favorite Things」 by John Coltrane ♪


関連記事:

「深夜バス」

「ワルツを踊れ」

「この世の外へ クラブ進駐軍 Out of This World (2003)」
「夏の瀬戸内 (3)」
「月子さんのお話 (4) ~遊郭の夕べ~」

「『海辺のカフカ』についての雑文」
「『海辺のカフカ』についての雑文 (その2) ~死者の弔い方~」
[PR]
by y_natsume1 | 2008-08-05 22:04 | 四国

深夜バス

2008年7月30日(水)、 祖父の命日。

夜、21時30分、

僕は新宿駅新南口にいて、そこから出発する深夜バスに乗り込む。

行き先は四国香川県。

目的は2つ。

祖父や実母の墓参り。
そして、地元の神社で毎年7月31日にある夏越(なごせ)祭の花火を、僕が高1で行って以来、数十年ぶりに見ること。


村上春樹の 「海辺のカフカ」 の主人公カフカと同じルート。
飛行機の場合と比べてかなり安い。

空路ではなく陸路で、橋を渡って四国に入るというルートは、
四国を一種の霊場として認識しようとする意識が、
何となく芽生えてくるような気もする。

ターミナルでは、昨今のガソリン代高騰も影響しているのか、
お客さんがわんさかいて、かなり盛況。 

僕の乗り込んだバスも満席である。

バスは2階建て。
1階は女性専用。
僕の席は2階だけど、女性もちらほらいる。

座席は3列で、スペースに割合余裕がある。
シートを倒して眠るには結構いい感じ。
トイレ設備もバスの中に一応付いている(僕は利用しなかったけど)。

窓という窓はカーテンでしっかりと覆われていて、
そりゃ眠るためには必要なんだろうけど、
外の景色が全く見えないから、
なんだか異様な圧迫感を覚える。

早く、このバスから、 出たい。

乗客がバスを降りることができる休憩は計2回。
それぞれ10分間だけ。
23時の足柄SA、午前5時の淡路島。
それ以外は目的地まで停まらない。

腰が痛くなるので、たった10分でも必ず外に出る。

淡路島の休憩を終えた後、バスは鳴門大橋を渡って四国に入る。

午前6時をまわった頃、
自分の降りるべき停留所で降車ボタンを押して停まってもらい、
降りる。

そこからタクシーなら千円程度、
徒歩なら20~30分ほどで実父の家に着く距離だ。

便利な時代になったものだ。 
新宿から故郷の最寄のバスStopまで高速バスの路線ができるなんて。

明け方、海からの風がとても涼しい中、
僕は歩いて実父の家に向かう――。

(つづく)


♪ テーマ曲 「Scarborough Fair」 by Simon & Garfunkel ♪
♪ テーマ曲 「Ban Ban Ban」 by 桑田圭祐 ♪
♪ テーマ曲 「Behind The Blue Eyes」 by The Who ♪

関連記事:

「夏越(なごせ)の花火はどこにある?」
「『海辺のカフカ』についての雑文」
「『海辺のカフカ』についての雑文 (その2) ~死者の弔い方~」
「ワルツを踊れ」

(注) 
実父と実母は僕が3歳の時に別れ、それ以来僕は母親に育てられた。 実母は10年ほど前に他界。 僕が40歳になった頃、再婚して別の家庭を持っている実父と37年ぶりに再会し、それ以来時々会っている。 だから実父の家には子供として暮らしたことがなく、この数年、墓参りで帰省した際に泊めてもらうぐらいだ。
[PR]
by y_natsume1 | 2008-08-03 10:37 | 四国

老犬ムツ

2007年3月28日(水)。

春の日の、
瀬戸の海辺でホーホケキョ。

穏やかで静かで暖かくてのんびりした、時間。
波の音に時折混ざるホーホケキョ。


老犬ムツは人間で言えば80歳ぐらいのおじいさん。
柴犬に似た雑種。
若い頃は虐げられ、いじめられ、
人を見れば吠えまくり、ひねくれていたという。

けれど瀬戸の海辺の町に もらわれて来て、
幸せになったそうだ。

この数年、ムツは足が弱り、
吠えることすらせず、
動きもせず、
日がな一日のんびり昼寝をしながら、
静かに時を過ごしている。

この日、
2人の天使はこの老犬に生き生きとした生命力を与え、
老犬は2人の天使に癒しと命の鼓動を教えたもうた。


ムツは2人の天使と少しだけ、散歩に出る。
数年ぶりに、走りさえする。

もうムツは歳だ。 
今度いつ会えるのか、もうこれが最後になるのか、
それは2人の天使にも、
わからない。

だから、今を大切に大切に過ごす。

春の日の、
瀬戸の海辺でホーホケキョ。

♪ テーマ曲 「四季」 (作曲・大貫妙子) by 藤原道山 ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2007-03-28 23:35 | 四国

夏の瀬戸内 (4)

2006年8月21日(月)。

四国滞在最後の日。

実父も義母も、僕たちをとても暖かく迎えてくれている。
何度もおいしい食事を頂き、ありがたく思った。


村上春樹の書いた「海辺のカフカ」の舞台にもなった、津田の松原へ行き、海水浴をする。
ここに海水浴に来ること自体、僕は小学生の頃以来だ。

姫も王子も、海水がしょっぱいことを楽しんでキャッキャとはしゃいでいる。

More
[PR]
by y_natsume1 | 2006-08-24 20:30 | 四国

夏の瀬戸内 (3)

2006年8月19日(土) 昼間。

僕が小中学生の頃、よく海水浴に行った近所の浜辺に行ってみる。

お盆を過ぎてクラゲが出ているような時期とはいえ、まだ8月だ。
けれど海水浴客は他には誰もいない。
静か。

僕らが中学生の頃は20日過ぎても結構何人か来てたものだけどな。

写真はうちの姫と王子。


b0058966_2943100.jpg




















b0058966_2103172.jpg

More
[PR]
by y_natsume1 | 2006-08-23 18:58 | 四国

夏の瀬戸内 (2)

2006年8月18日のつづき。

コウイチ(仮名)が具体的にいつどんな理由で亡くなったのか、僕は知らない。

僕は卒業してから2年程度はまだコウイチたちとも付き合いがあったけれど、その後は互いに疎遠で一切連絡を取り合っていなかったから。

平成11年版の名簿を開いてみたけれど、既に彼の名前は物故者として記載されている。

平成元年版を見たら、生きていた。

つまり、コウイチは平成2年から平成10年の間に亡くなったのだろうか。

まさか、20代か30歳そこそこで亡くなるなんて。 

More
[PR]
by y_natsume1 | 2006-08-22 18:12 | 四国

夏の瀬戸内 (1)

2006年8月18日(金) 早朝。

家族を伴って、飛行機で香川県へ。

実父の家に初めて泊めてもらい、短い夏休みを過ごすためだ。
高松空港からはレンタカー。

僕が3歳で実父と別れて以来、昨年ようやく37年ぶりに再会した。
だからそれ以来実父に会うのも、昨年の再会を入れてもたった3回目で、普通の親子関係とはちょっと違う感覚だ。

実父と再婚相手の義母は僕たちを温かく迎えてくれた。

心づくしのお昼ご飯。
ありがたかった。

午後、墓参りを済ませ、2階の部屋でのんびりしていると、うちの高校の卒業生名簿が何冊かあるのが目に留まった。

平成元年版、平成11年版、平成18年版。

地元の人間は大抵はその高校に行く。
父と実母は同じ学年だった。
父も実母も叔父も叔母も僕も、皆その公立高校。

だから父の家にもうちの高校の卒業生名簿がある。

僕は20代の頃からつい最近まで故郷なんて捨て去ったと思い込もうとしていたから、名簿なんて無頓着で、僕自身は古い平成元年版ぐらいしか持っていないし、住所も勧誘電話が嫌で実家の住所のままにしている。 もう住んでいないのにね。

とにかく、平成18年版の名簿を開いてみた。

More
[PR]
by y_natsume1 | 2006-08-22 00:29 | 四国

むかしむかし あるところに  ~鬼ヶ島は 今も・・・・?~

夜遅く 「その人」と 一緒にいたとき
ふと
フラッシュバックのように
僕の頭をよぎった 小学生の頃の記憶

僕は 問わず語りのように 「その人」に 言った

「むかし むかし あるところに・・・・・か」
「え・・・?」
女木島(めぎじま)っていうとこにね、ちっちゃい頃、行ったことがある。 それを今急に思い出した」
「うん・・・」
「そこは昔からなぜか鬼ヶ島って言われててさ・・・」
「うん・・・・」
「高松からフェリーに乗ってくんだ・・・・」
「うん・・・・・」

僕と母親の・・・・・・・・・
[PR]
by y_natsume1 | 2005-08-06 20:56 | 四国

浴びるほど飲んでも


ポテトサラダ 
スモークサーモンとたまねぎ
(あなたが育てた)無農薬のほうれん草のおひたし
握り寿司
ビール、赤ワイン、ジョニ赤


筑前煮
ぶ厚くて大きな刺身
生姜焼きとレタス
厚焼き玉子
栗ご飯
ビール、ジョニ赤


とても甘いイチゴ(砂糖や練乳はかけずにそのまま)
コーヒー

あなたと食事をし 酒を酌み交わすのは
これが最初で最後になるんだろうか

精一杯もてなしてくれたことが わかる
心づくしの食事は 一生忘れないだろう
[PR]
by y_natsume1 | 2005-05-02 20:00 | 四国

四国の夜が 更けてゆく

たぶん、良い流れの中に、僕は今いるんだろう。
何かに吸い寄せられるように、一人四国へ。
まずは墓参り。

そして近くにある、映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」のロケ地に行ってみる。
写真館の建物は既に取り壊されてなくなっていたけれど、ブランコ、防波堤などのロケ地には映画を観たらしいファンが何人も、案内パンフレットを持って訪れている。

b0058966_1957833.jpg

b0058966_19573948.jpg

b0058966_19575520.jpg








村上春樹の小説「海辺のカフカ」の舞台の一つと思われる、津田の松原へ。

b0058966_19584586.jpg
僕は小学生の頃、ここの砂浜によく海水浴に来ていた。
懐かしい。 20年以上、来たことがなかったからなぁ。

More
[PR]
by y_natsume1 | 2005-05-02 19:41 | 四国




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧