カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


カテゴリ:中国( 4 )

魔性の都市で杯を (4) 最終回

2007年6月16日(土) 於 上海。 出張最終日。

仕事は前日で終わり、この日は自由行動。

帰国便の時間まで余裕があるので、朝、
豫園や上海老街エリアに行く。

レトロといえばいいのか。

こういう典型的な観光地、決して嫌いではない。
けっこう好きだ。

水墨画の扇子を購入。
姫のための、既製のチャイナドレスもなんとかゲット。

老街の某2階でストリートを眺めながら鉄観音茶を頂く。

前日までの仕事ではずっと英語漬けだったので、
1人で過ごせる時間というのは貴重でありがたい。
もう、英語での討論もプレゼンテーションも、当分ごめんだ。

疲れた。

(日本に戻ればネットミーティングや電話会議でどうせ英語ばかりになるんだろうけどね。)



・・・・・ やがてスコールがまたも降ってくる。

気でも狂ったかのように、
僕は上海のオールド・ストリートに立ちすくんで雨に濡れている。

探しても探しても、まだオパールは見つからないというのに。

そうだ、オパールは どこだろう?

中国人の姿に成りすましたジム・モリソンが、
「The End」という曲を小脇に抱え、
あっちの世界から 悪魔のような声で僕に、 

     ささやきかける。

          没有(メイヨウ)、と。


僕は認めない。 オパールは きっとどこかに、あるはずだ。

そうはいっても実際、
この先僕は、いったいどこに行けば よいものやら・・・・・。


(終わり)


♪ テーマ曲 「なぜか上海」 by 井上陽水 ♪
♪ テーマ曲 「The End」 by The Doors ♪

<追記>
「ジ・エンド」 (by ドアーズ、ジム・モリソン)、「海辺のカフカ」 (by 村上春樹)、ギリシャ悲劇オイディプス王・・・・ それらは全て、1本の線でつながっているとでもいうのだろうか。 


関連記事:
「魔性の都市で杯を(1)」
「魔性の都市で杯を(2)」
「魔性の都市で杯を(3)」
「魔性の都市で杯を(4)」
「映画 「花様年華」 (2000) ~チャイナドレスにため息を~」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-06-21 19:05 | 中国

魔性の都市で杯を (3)

2007年6月15日(金) 於 上海。 出張の続き。

この日の夕方で出張のお仕事は終わり。
夜、新天地エリアへ。

昔ながらのレトロな建物。
旧租界時代の建築だろうか。

これら新天地界隈の建物は
現在バーやレストランなどに使われていて、
外国人観光客も多い。

ジャズのライブが聴こえてきたのでその店に入り、
シーヴァスリーガルのストレートをやる。

目の前で鳴り響くテナーサックスの音が気持いい。

建物のライトアップ自体は
上海の雨模様の空までは明るくすることはないだろう。

今はそれでもいい。
黒い世界が、今の自分には似合っているからだ。

・・・・・ 映画 「2046」 で、
全ての記憶は涙で濡れている、みたいな引用句があったように思う。 
(一字一句に多少間違いがあるかもしれないけれど・・・)

記憶は涙で濡れていても構わないが、
僕自身はオパールで濡れていたい。

シーヴァスのストレートを胃の中に流し込む。

今の自分にとってウィスキーは、
大いなる生への肯定などではなく、もはや単なる汚物と異音同義なのだろうか。

シド・バレットの意味深な歌詞は、
気が狂ったボヘミアンのように僕の頭の中でかけ巡る。

(続く)

♪テーマ曲 「Dark Globe」 by Syd Barrett ♪

関連書籍:

「上海ベイビー」 by 衛 慧
上海ベイビー
衛 慧 桑島 道夫 / 文芸春秋





関連記事:
「魔性の都市で杯を(1)」
「魔性の都市で杯を(2)」
「魔性の都市で杯を(3)」
「魔性の都市で杯を(4)」
「「上海ベイビー」のページをめくった日」
「メキシコの 乾いた大地」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-06-20 09:21 | 中国

魔性の都市で杯を (2)

2007年6月14日(木) 於 上海。 出張の続き。

夜、同僚たちと、
外灘(バンド)から黄浦江をクルーズするボートに乗り、ディナー。

相変わらず酒は青島ビール。

食事が一段落した後、上海人の同僚男性の1人が、
中国の歌を独唱する。
去年のシンガポール出張でも彼は無伴奏で歌ってくれたけど、
ものすごく上手い。

京劇の音楽ってこういうのかしら(知らないけど)。

アメリカ人のボスも興に乗って独唱。 別の意味でウケた。

ボートからは見事な夜景が見える。
ロケットのような形の塔。
ギンギラギンの高層ビル群。
それらは美しいが、同時に、妖しい。

インド人と韓国人の同僚とデッキに出て
マルボロライトを吸う。
彼らは常連の喫煙仲間。

彼らが去った後、
1人でデッキの椅子に座って足を投げ出し、まだタバコを吹かしながら、
ボーっと夜景を見ていたら、
シンガポールの華人系女性の同僚が僕のところにやってきて話しかける。

彼女と僕は偶然ながら(必然?)前の会社も同じだった。
共通の友人知人もいる。
若く見える。 日本人の僕にはどう見ても、この女性は20代にしか見えない。

そういえば彼女とは
2ヶ月前のトロント出張でも某バーで一緒に飲んだっけな。

・・・・・・ なぜか杜甫の漢詩がふと思い出される。
(日本人ならわりと覚えている人も多いだろう。 僕は最初の2行だけしか覚えていないけど。)

国破れて山河あり 
城春にして草木深し


船は 川を 進む。
酒に酔っているのか船に酔っているのか、よく分からない。

ただ、夜風が心地よい。

そして、 夜はまだまだ  続くのであった。


(続く)

♪テーマ曲 「上海帰りのルル」 by 青江三奈

関連記事:
「魔性の都市で杯を(1)」
「魔性の都市で杯を(2)」
「魔性の都市で杯を(3)」
「魔性の都市で杯を(4)」
「アオカケスの街で ~満ちていく三日月~」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-06-18 19:17 | 中国

魔性の都市で杯を (1)

2007年6月13日(水) 於 上海。 出張。

雨が降っている。

ドラマティックなことがいくつか起こる日だ。

この日の仕事を終え、香港人(というより広東人だな)、上海人、韓国人などの同僚たちと夜の街に出る。

「負け戦」 は、結局、まだ続いていて、
それは上海の排気ガスをも飲み込み、
悲しげな青島ビールと、
(映画「ブエノスアイレス」風に言えば)大いなる生の肯定へと走るウィスキーを、
同時にもたらす。

韓国人の同僚がBombと呼ぶ飲み方。
昔、ダブルファックとアメリカ人が呼んでいたような気がする。
ビールにがんがんウィスキーを混ぜて、
一人一人と乾杯するごとにイッキ飲み。

したたかに、酔う。

英語と上海語とマンダリンと日本語と韓国語が飛び交い、
僕はオパールの幻想と一緒にダイスを振って遊ぶ。

サイコロの目は、吉と出たか、凶と出たか。
「凶」 と出たならそれは 「狂」 でもあるのか。

前日に受け取った、ある男からの、いわばラブレターは、
僕の「負け戦」を敬意と真摯な精神と共に高く評価しているが、
すでに時は流れている。

雨に濡れた浦東(プドン)の夜景は、
ここが魔都であることを教え、
僕と素晴らしい仲間たちとの夜を、彩るのだ。

ただ、月は見えず、オパールは見つからない。

(続く)

♪ テーマ曲 「ウェルカム上海」 by 吉田日出子 ♪


関連記事:
「魔性の都市で杯を(1)」
「魔性の都市で杯を(2)」
「魔性の都市で杯を(3)」
「魔性の都市で杯を(4)」
「サクラ、 チル」
 
関連書籍:
「上海游記」 by 芥川龍之介
「どくろ杯」 by 金子光晴

どくろ杯
金子 光晴 / 中央公論新社
[PR]
by y_natsume1 | 2007-06-17 13:22 | 中国




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧