カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


カテゴリ:子供語録( 17 )

春のシュートはくやし涙と共に

2009年3月29日(日) 朝。

王子(6歳、幼稚園年長、4月より小学1年生)の所属するサッカー教室。
そこが主宰する幼児サッカー大会へ。

結構大々的。 全部で20~30チームは参加しただろう。

幼稚園児なのでパスよりもおしくらまんじゅう状態のような試合も多いが、
結構上手な子供もいる。

午前中に予選で2試合する。
その結果で、各ブロックの1位がベスト8として
午後の決勝トーナメントに進む。

王子の幼稚園チームは、参加人数が少ないせいで他の幼稚園と連合。
でもありがたいことに、王子がエース、キャプテン扱い。
試合前のキックオフとサイド決めのジャンケンもうちの王子がやらせてもらう。

第1試合 6対0で勝(5点は王子のシュート)。
第2試合 2対2で引分(2点は王子のシュート)。

得失点差で余裕で1位、決勝トーナメントに進む。

午後、
決勝トーナメント初戦 0対2で負。
(王子たち皆の奮闘も、強豪相手には敵わず)。

試合中、うちの王子のプレーを見て、味方のお父さんたちだけでなく、
対戦相手のご父兄からも、

「あの21番の大きい子、すごいね、ガンガンシュート打つなぁ」
「ドリブルで1人で最後までもってくんだよね」
「21番、目立ってるね、良い動きだねぇ」
「あの21番に気をつけなきゃ」

と口々に言われていた。

運動音痴の僕としては、
親バカではあるけれど誇らしく嬉しくてたまらなかった。

(心の中で、あれ、うちの子なんです、と。)

彼のプレーは大人から見ても、
幼稚園児にしては
ドリブルもパスもシュートも一応サッカーの「形」になっている。

僕はスポーツはからきしダメ。
本当に運動は苦手だ。

けれど僕の実父は、
大学(神宮球場)、ノンプロ社会人(後楽園球場)で野球をやっていたスポーツマン。
高校野球の監督もやっていたし、プロ野球経験者の友人も多い。

王子の運動神経は、だから、
祖父からの隔世遺伝なんだろう。


それにしても、
この日計3試合で王子が7得点したシュートよりも、

むしろ引分や負け試合のあと、くやし涙を浮かべて、
くそっとPoleを叩いていた王子に、ジーンときた。

くやしいと思う気持ち。

上には上がいるという事実。

1人だけではなかなか勝てるものではないという現実。

こっちの方も、大事だよな・・・・。


―― この数ヶ月、 僕の精神状態は一進一退だ。

決して良くはない。

イライラして狂ってしまったり、妙に重苦しく無口になったりの繰り返し。

けれど、この日、良い感じに咲いてきた桜と王子のプレーは、
僕をとても幸せにしてくれている。

少しずつ、少しずつ・・・・・・なんだろうな。


♪ テーマ曲 「桜」 by コブクロ ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2009-03-29 18:46 | 子供語録

青い自転車が赤い林檎にキスしたのだ

2007年6月9日(土) 朝の某公園。

王子は補助輪なしの自転車をスイスイ走らせる。

ブランコのそばで彼がふいに言う。

「悲しい顔してるね。 どうしたの?」

「え、そう? そうかな。 そんな顔に見えた?」

「うん」

「どうしてそう思った?」

「急にお話し、しなくなったし」

4歳にしては大人びた口調。
誰の血を引いたか、スルドイ。

ほんの一瞬、あのことが頭をよぎった、
それを王子は見逃さなかった、
ということか。

(心の中で)アリガトウ。

僕は微笑む王子を黙って抱きしめる。 

♪ テーマ曲 「SASUKE」 by 古武道 ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2007-06-10 08:15 | 子供語録

ウルトラマンメビウス観に行くぞ

2006年9月30日(土)。

姫と王子を連れて3人で、
映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を観に出かける。

メビウス・ファンの今の子供たちだけでなく、40年近く前に子供だった僕のような世代も、セブンやエースを観て、懐かしく思う。

いや、懐かしさだけではなく、セブン役の森次晃嗣(モロボシ・ダン)やウルトラマン役の黒部進(ハヤタ)などが当時の役柄のまま出演していて、彼らが現役の俳優で頑張っていること自体にも、大人は大人で勇気付けられる。

ウルトラ兄弟たちの空中での戦闘シーンもカッコよくて、CGの動きが実にいい。

意外だったのは王子よりも、なぜだか姫の方がウルトラマン・シリーズの知識に詳しくなっていたことだ。

ゾフィーはM87光線、エースはメタリウム光線、とかね。

映画の中で、
ハヤタ(黒部進)がヒビノ・ミライ(メビウスの人間の姿)に諭すように言う――。

More
[PR]
by y_natsume1 | 2006-09-30 17:49 | 子供語録

ウルトラ5つの誓い

このあいだ、現在放映中の「ウルトラマンメビウス」を王子と一緒にTVで観ていたら、
懐かしいセリフが出てきた。

ウルトラ5つの誓い、だった。

なぁ~んだ、懐かしいな。 いまだにこれ、使ってんのかぁ。

え、パパ知ってるの?

うん、知ってるよ。 

あれはもともと「帰ってきたウルトラマン」(1971~1972)
の最終回で、去っていくウルトラマン(郷ヒデキ)が少年に言ったのがその5つの誓いなんだ。
ウルトラマンがいなくなっても、この誓いを守って、一人でも頑張るんだよ、ってことで。

それを王子に解説したら、ちょっとばかし尊敬された。
よく知ってるね、と。

そりゃまぁ、「帰ってきたウルトラマン」の頃は
僕は小学1年生でリアルタイムで観てたからな。

ウルトラ5つの誓いとは・・・・
[PR]
by y_natsume1 | 2006-09-20 22:57 | 子供語録

私の好きな男の子 転校しちゃったの

うちの姫の、小学2年の2学期が始まった。

姫が気に入っていたタケシくん(仮名)がこの9月から神奈川県に転校していったらしい。
タケシくんの態度はいっつも偉そうでぶっきらぼうだけどね、と姫。

ふうん。

僕は聞いてみた。

「タケシくんは転校か・・・。 で、姫はさ、ユウスケくん(仮名)のことはどうなの?
だって幼稚園からずっと同じクラスだし、去年の運動会でもお昼ご飯の後、一緒に遊ぼって誘いに来てたじゃない。
カッコよくて、とっても礼儀正しいジェントルマンだったぜ、あの男の子」

「うーん、ユウスケくんはまだ私のこと好きだってさ。 ま、相変わらずひょろっとしてるね」

ってことは・・・・、ユウスケくんは片想い?

女性はやっぱりマジメでジェントルマンな男の子より、ちょいと不良っぽい男の子がいいのかなぁ・・・(苦笑)。

2学期の始まりは、姫にもいろんな動きをもたらしているらしいが、はてさてどうなることやら、見ものだな。

姫、それにつけても君の父親は相変わらず飲んだくれで不良で、どうしようもないらしいよ(苦笑)。

♪ テーマ曲 「Melody Fair」 by Bee Gees ♪

小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック
サントラ ビージーズ リチャード・ヒューソン・オーケストラ コロナ・スクール / ユニバーサルインターナショナル
[PR]
by y_natsume1 | 2006-09-05 21:47 | 子供語録

あかぐみさん まけたの?

2006年3月21日(火)

ワールド・ベースボール・クラッシック、
決勝戦、
日本対キューバ。

日本の勝ち。

TV中継を観ていたら、うちの王子が言う。
「ねぇ、あかぐみさんが まけたの?」
「うん、そうだよ。 あおぐみさんが かったんだ」
「ふうん。 ボクはこんど、ももぐみさんだよ」
「ああ、そうだったね(笑)。 ようちえんはももぐみさんだったね」

うちの王子は言葉上は、野球はあまり好きではないと言っている。
どうなることやら。

僕は実の父とキャッチボールをした覚えがない・・・・・
[PR]
by y_natsume1 | 2006-03-21 16:05 | 子供語録

5が好き

うちの王子は5という数字が、なぜかとても好きだ。
理由はわからない。

TVをつけていても、見たい番組でもないのに5チャンネルに変えてと言う。

僕が王子と同じように、アニメに夢中になっていた頃。
はるか昔、僕が幼稚園児だったとき。
「マッハ Go Go Go」というアニメがあった。

そこでは主人公はゼッケン5番、主人公の兄は覆面レーサーとしてゼッケン9番をつけてレースに出ていた。

5番対9番

この二つの数字なら
あなたは
どっちが
好き???

♪ 「君が好き」 by あんべ光俊 ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2006-03-14 20:36 | 子供語録

天使はそばに

うちの姫、7歳。
うちの王子、3歳。

気が向いたときだけだが、朝、窓から「行ってらっしゃい」と手を振る王子。
週末の夜は交代で(というより競うように)僕のグラスにビールを注ぐ姫と王子。
聴いててと言って、練習した課題曲をピアノで弾く姫。
自分が寝る前に、僕の歯ブラシに歯磨き粉をつけて僕に「はい」と手渡す王子。
(僕はまだ寝ないのだが)

こんなダメ親父にも、天使のような立居振舞を見せる姫と王子がいてくれるとは。
もちろん、彼女たちが幼い頃だけの、ほんの数年のことなんだろうけど。

ありがたいものだ。

ちゃんと育てなきゃ、などと、
こっちはダメ親父なりに気負ってはいたが、
いやはや、逆に彼女たちから幸せやパワーをもらってばかりいる毎日だ。

彼女たちはまさに天使であって、一緒にいられるだけで嬉しくて、涙が出そうになる。

ま、ガタガタ言わずに、もうちょっと、お仕事頑張ってみますかねぇ。

♪ テーマ曲 「Beautiful Boy」 by John Lennon ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2005-12-15 20:01 | 子供語録

わたしのだいしんゆう

2005年11月5日(土)

小学1年生の娘の学習発表会(いわゆる学芸会)へ。

発表の後、しばし授業参観。

普段は仕事してるか酔っ払ってるかの両極端さで、
いずれにしても家庭生活ではあまり良い父親ではないのだが、
こういうときはさすがに自分が父親だってことを実感する。

・・・・・・ 休み時間になって、校庭で待っていた僕と息子のところに
娘が友達と一緒に駆けてきた。

「パパ! わたしのだいしんゆうの しおんちゃんだよ!」

娘の横で、細面のきれいな女の子が微笑んでた。
将来モデルにでもなりそうな雰囲気のコ。
ふうん、しおんちゃん、か。 
(最近は宝塚みたいな名前の子も多いなぁ。)

よろしくね、とごあいさつ。

そして二人はまた駆けていく。

そろそろ都内の葉っぱの色も いい感じになってくる頃だねぇ

♪ テーマ曲 「木の葉は緑」 by サイモン&ガーファンクル ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2005-11-05 15:38 | 子供語録

僕は強くない?

ある夜  息子が 
もうすぐ寝入ろうかという寝ぼけ眼で 言った

「パパは強いね・・・」
「へ? パパが強いって?」
「うん・・・」
「パパなんか強くないかもよ。 お仕事一生懸命頑張ってるだけでさ。 XXちゃん(息子の名)だって強いじゃん。 熱出しても元気だし(笑)」
「ううん、パパは強いよ。 XXちゃん(自分のこと)は強くなんかないもん」
「ふうん」


あとでそれを聞いた相方は言う・・・
「ああ、昼間映画館で観たアンパンマンの映画に出てきたからね。 強いの強くないのって。 たぶんセリフを真似してんのよ(爆笑)」

あのなぁ・・・・ まねっこした映画のセリフかよ、さっきのは。
そうくるか・・・・。
あなどれないやつ。

♪ テーマ曲 アンパンマンの主題歌 ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2005-08-10 19:20 | 子供語録




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧