カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


十六夜の月を  探し出せ!

2008年10月16日(木)。

この日は月子さん(仮名、注)の命日。

もうちょっと正確に言えば、
10月15日の深夜、 
16日の午前零時半ごろ。

**************

今月、神様は江戸にはいない。

全国の神々は出雲に集まって何やら話をしているらしい。

だから、(出雲以外の場所では、) 今月は神無月と呼ばれる、らしい。

月子さんが生前、一番好きだった曲、
ナット・キング・コールの 「キサス・キサス・キサス」 をかける。

香を焚く。

冥福を祈る。

夜空を見て、月を、 探す。

**************


NHKのテレビ時代劇、「陽炎の辻 2」を観ていると、
江戸時代の、吉原のしきたりが出てくる。

旧暦8月(新暦の9月)の中秋の名月(十五夜)のときだけは、
男性客がそれなりのお金を払えば、
吉原の売れっ子を一夜中独り占めすることができたそうだ。

もちろん、女性の側の同意が必要。
お金を積まれても、いくらひいきのお客でも、
相手の男を気に入らなければ断ってもいい。

その代わり、いったん中秋の名月(十五夜)で独り占めしたら、
翌月9月(新暦では10月)の十六夜でもう一度、
男はまたも大金をはたいて登楼するか、
お月見に女性を外に連れ出さないといけないんだそうだ。

普段、吉原の遊女は吉原の外になんか出られやしないけど、
このときだけは特別だったらしい。

今で言う、店外デート?

吉原への登楼だけでいいのか、外にお月見に連れ出さなきゃいけないのか、
どっちでもいいのか、
そこらへんはよくわからないけど。

いずれにしても、
十五夜の片方だけではだめという考えを、吉原がうまく利用したのだろう。

十五夜の月だけ見て翌月の十六夜の月を祝わないのは、
片月見といって嫌われたからなんだそうな。

後(のち)の月、という風習らしい。


現代だって、十五夜の月を愛でたカップルが、
いろんな事情はあろうとも、とにかく、
翌月の十六夜の月も、同じ相手と一緒に祝うことができれば、
それはステキなことだろう。

そうなるよう、応援したくなる。

もちろん、お月見は、天気にもよるんだろうけどさ。


*************


そいでもって、月は、 どこだ ?
今夜は月暦からすると、十六夜の月 のはずだけど?

月子さんと十六夜の月。


11年前の、
クアラルンプール チャイナタウンの深夜を、
僕は  忘れていない。


あのときは、 月を見上げる余裕すら、 

なかった。

あるかよ、 そんなもん。

バカヤロウ。

ムスリムの国にいても、
毎夜その象徴を探そうとする気持ちなんて、

なかったさ。


♪ テーマ曲 「キサス・キサス・キサス」 by ナット・キング・コール ♪


関連記事:
「月子さんのお話(4) ~遊郭の夕べ~」
「神無月は見えているか?」
「緊急事態」

(注)

今回のブログ記事では、「月子さん(仮名)」 は自分の実母のことだ。

けれど、記事内容によっては、「月子さん」が常に実母を表わすとは限らない。 想像上の人のこともあれば、既にこの世にいない人のこともあるし、まったく別の、実在している人の場合もある。 書いている記事内容によって月子さんという人は変化自在なのだ。

僕には実母、継母、義母と3人の母親がいる。 
だから僕のブログでは区別するために単に母ではなく実母と書くことも時々ある。 

継母と義母はありがたいことに、今も息災だ。
[PR]
by y_natsume1 | 2008-10-16 19:54 | Moon
<< 東の塔は 墨絵の如く ほどほどがよいのだ  ~僕の幸... >>




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧