カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


ゆる~いレゲエを鎌倉で

2007年10月7日(日) 午後。

電車で鎌倉へ。

初めて極楽寺を訪ねる。

お寺にも入ってみたのだけど、それよりも
江ノ電の極楽寺駅前の佇まいが気に入る。

さすが、昔のTVドラマ 「俺たちの朝」(1976) ロケ地。
今もその頃とほとんど変わらないという極楽寺駅の近辺。
このドラマ、大好きで子供の頃よく観ていたなぁ。

極楽寺から切通しを歩いて成就院へ。

成就院の門まで階段をあがって一息ついたら驚いた。

眼下に広がる由比ヶ浜。
美しい。
一望できる。

今日の波は、
サーフィンやらない素人の僕にも分かるほど、高い。

成就院を参拝し、星月夜の井を経て、
由比ヶ浜の、「お酒の神様」という名の、なじみのバーへ。

久しぶりだ。

R134沿いの、某ビルのX階にある、オーシャンビューのバー。
週末は昼間もオープンしていてお酒を飲める。

ジントニック。
アメリカンスピリットを吸う。

海をボーっと眺める。
さすがに台風の影響か、波が高く、
サーファーもいつもの週末より多い。

このバーではいつもけだるくてカッコイイ、レゲエがかかっている。
マスターが筋金入りのレゲエ好きなのだ。

あまりに有名なボブ・マーリー以外の、
おすすめのレゲエCDをいくつかマスターに教えてもらい、
忘れないようメモる。

ジャネット・ケイ
サードワールド
アスワド
デニス・ブラウン
ジミー・クリフ ・・・・・・

カクテル2杯とタバコでほろ酔い気分。
夕方、バーを出る。

R134沿いから鎌倉駅方面へ歩いていたら、
和田塚あたりで、いつもお世話になっている某小料理屋のマスターが自転車に乗って買出しに行っているのに出くわす。

「おー、久しぶり!」 (前回からたった2週間位しか経ってないんだけど)

「今からお店に寄らせてもらいますね、マスター!」

「おお、じゃ後でな」

僕はまるで鎌倉の地元民のような錯覚を抱く。

**********

いつもの某小料理屋。
ほんの小一時間で帰るつもりだった。

でも、ここには根が生えてしまうようだ。

僕はこの日も1人だったのだけど、
他のお客さんとなぜか話がはずんでしまい、終電近くになってしまう。
そういう、ご縁のある日だったのだと思う。


僕のように週末の夜、仕事を終えて都内からわざわざ電車でこの小料理屋にやってくるというママさんのお友達、Mさん。 紅葉の話。

長崎から観光旅行に来た、鎌倉プリンスに泊まっている若夫婦。
この夫婦からは長崎出身の福山雅治についていろいろ話を聞いた。
福山雅治の父親のこと、福山雅治の兄が自衛隊にいることとか。

この小料理屋を僕に紹介してくれた某ミュージシャン氏の、
そのまた友達のI氏夫婦。
僕の家の近所のソウルバーの常連客でもあるそうだ。
なんだ、知らなかった。

I氏ご夫婦は、共通の友人であるミュージシャン氏から、
鎌倉に入り浸っている僕のことをいつも聞いていたそうで、
何だかお互い初対面という感じがしない。

そして夜遅くになって、旧友S氏夫婦もやってくる。
尾崎亜美のライブの帰りだってさ。

久しぶりにS氏夫婦と話す。
新しい会社、大丈夫か? とか、
マレーシアに駐在してる頃はホント、大変だったよなぁ、とか。

ビール、日本酒、鯵の刺身(肉厚)、
ポテトサラダ、魚(何だったか忘れた)のフライ、などなど。

夜11時過ぎ、ようやく小料理屋を出て
東京チーム(Mさん、I氏ご夫婦、そして僕)は横須賀線で一緒に東京まで帰る。

なんだか、この日の鎌倉は、濃かった。

濃い。

いろんな人と会えて、酒や会話を心底楽めた。

とにかく、ありがたいことだ。


♪ テーマ曲 「Lovin' You」 by Janet Kay ♪

関連記事:
「鎌倉の海を見る」
「雨の古都 鎌倉」
「鎌倉の週末 (3) ~旧友と再会する夜~」
「由比ヶ浜に 酒の神 在り」
「鎌倉の夜が更けてゆく」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-10-08 11:31 | 鎌倉湘南Seaside
<< ウルトラセブンX コリアの休暇 (11) ~ソウ... >>