カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


映画 「花様年華」(2000) ~チャイナドレスにため息を~

2007年6月10日(日)。

近々僕が上海に出張するという話を
僕の相方から伝え聞いたうちの姫(8歳)が、

いいなぁ、チャイナドレスの本場で・・・・・、と言ったらしい。

チャイナドレス、買ってきてくれないかなぁ・・・・ (→そりゃたぶん無理だ、体中のいろんな細かいサイズとかわかんないし、仕立てには日数がかかるだろうし。 あとで横浜中華街で買おうかしらね)。

中国、いいなぁ (→僕だってこう見えて中国なんか初めてだ、香港さえ、まだ行ったことない)。

なんだか、小学3年生なのに実に大人びた嗜好だことで。

そんなこんなの会話から、

じゃあ、チャイナドレスに興味のある姫に、
ピッタリの映画があるよ、

とDVDで見せたのが、
ウォン・カーウァイ監督の 「花様年華」 (2000年 香港)。

1960年代初め頃の香港が舞台。
(シンガポールや上海などもこの映画の展開上、関係がある設定だ。)

以前から繰り返しDVDで観ている、僕のお気に入り作品の1つ。

映画の中でマギー・チャンは20種類以上もの、
しかも首まであるピッタリとした昔風のチャイナドレスを、
みごとに着こなしている。

ベトナムのアオザイでもそうだろうけど、
ジャストサイズのチャイナドレスでは少しも太れないはず。
撮影中、体型をスリムのまま保つのは大変だったろうと思われ・・・。

色柄やデザインも、とてもステキ。

ため息が出るほど美しい衣装だ。

映画で流れるナット・キング・コールの 「キサス・キサス・キサス」 は、
実はキミ (=姫のこと) のおばあちゃん (=僕の、継母ではなく実母の方) がいっちばん好きな歌だったんだよ、
と言ったら、
姫はちょっと驚いた表情をした。

姫にとって、
この映画と チャイナドレスと 父(僕)の出張と 祖母(僕の実母)の好きな曲と、
そういうのが全て、
シンクロニシティのように、この瞬間に1本の線でつながったから、かもな。


映画自体は字幕スーパーだし(吹替えにしなかった)、
ストーリーは子供向けではないし、
数分間で姫はつまんなさそうにしてたので、
あとはいろんなドレスを見せるがための早送り攻撃。


今回、メイキング・フィルムを初めて観てみたら、
使われなかったカット(エピソード、セリフ、シーン等)がけっこうあって、
まるで別の映画がもう一本できそうなぐらい、
印象が違ってみえた。

そりゃ、この「花様年華」は、
「欲望の翼」の続編(姉妹編?)、「2046」へと続くプロローグ、
という位置づけではあるのだが。


ともあれ、
こういうムードのある、大人の映画があるというのは、
僕にとっては幸せなことだ。

それで、姫、
キミはどのチャイナドレスが気に入った??

♪ テーマ曲 「キサス・キサス・キサス」 
              by ナット・キング・コール ♪

関連記事:

「ソウル・バーの夜(4) ~キサス・キサス・キサス~」
「Blue Train」
「シンガポール出張(7) ~チャイナ・タウンの休日~」
[PR]
by y_natsume1 | 2007-06-11 19:41 | 過去の映画評「か」
<< 魔性の都市で杯を (1) 青い自転車が赤い林檎にキスしたのだ >>




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧