カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


神無月は見えているか?

中秋節のあと、白い彗星は
赤い月を横目で見ながら
銀河系を旅したのだろうか。

それを確かめるすべを、僕は、 知らない。

神に尋ねようにも、
今は10月だ。
この時期に、神は、江戸にはいない。

ある哲学者の言葉のように 「神々は死んだ」 
のではなくて、
出雲の国に旅立ったからだ。

神無月の明かりに照らされて、
神々が旅をしている間、僕はここで待っていなければならない。

いや、もう待つのはやめようか。

深夜にジキルの薬を飲み干して、
ハイドに変身すればいいだけだから。

ハイドなら江戸の神楽坂も、鎌倉の由比ヶ浜も、
同時に駆け抜けることができる。

そこには、たぶん、
妖艶で豊満な、悪魔のような裸のオンナと、
ゴロワーズという黒煙草と、
アブサンという気が狂う酒が、
たっぷりと用意されていることだろう。

神々のいない夜、
悪魔のオンナが
僕の股間のこわばりを念入りにもてあそびながら、
僕の舌の上に甘い唾液をたらす。

狂っている。 
全てが。

幻想都市・江戸で 現実味のある悪夢を 見ている。

僕の感覚では、
神無月どころか
冬は、すぐそこまで来ているのに。

♪ テーマ曲 「神無月にかこまれて」 by 井上陽水 ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2006-10-19 17:57 | Moon
<< ボサノヴァが朝を包んだだけだ 秋の夜は燃えているか? >>




夏目芳雄の東南アジア・映画・ジャズ・酒などに関するよもやま話です。
by y_natsume1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧