カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


赤木圭一郎という俳優


昭和30年代の日活アクション映画が大好きなことは前にも書いた。
中でも赤木圭一郎という俳優が特にごひいきで、中学生の頃からずっと好きだ。

日活ダイヤモンドラインの1人。
ダイヤモンドラインとは、石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎、和田浩治のスター4人が月に1本ずつ、それぞれが主演する映画を封切っていた、当時の日活のラインナップ。 

あの頃は新作が1週間ごとに封切られていたそうだ。

赤木の人生は結果から見れば、太く短い。

赤木は彗星のように現れ、風のようにこの世から去っていった。
たった21歳の若さで。
撮影所内でのゴーカート事故だった。

その死に様から彼を「和製ジェームズ・ディーン」と呼ぶ人もいる。
風貌や出演作品はジェームズ・ディーンのそれらとは違うけれど。

驚くべきは、赤木がたった20歳そこそこの若さながら、いっぱしの大人の雰囲気と存在感をスクリーンで出せていたことだ。

単に老けている、というのとは全く違う。

今の日本の20歳ぐらいの俳優で、あれほどの成熟した男の存在感を持って主演をはれる俳優がどれだけいるだろうか。 

僕はあまり思い浮かばない。 

今の俳優たちは、あの時代の俳優より幼い気がする。 いや、僕自身も含めて、今の日本の社会全体がそうなのかもしれない。

とにかく、

「霧笛が俺を呼んでいる」 とか 「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」 なんか、
カッコよかったなぁ。

♪テーマ曲 「So What」 by Miles Davis ♪

過去の関連記事:
「日活アクション映画ってさ」

参考書籍: 
「天国への片道切符」 稲葉稔著 (映画好きには超オススメ小説)

b0058966_23555829.jpg
[PR]
by y_natsume1 | 2006-09-16 23:53 | 映画言いたい放題
<< ソウル・バーの夜(16) ~お... 私の好きな男の子 転校しちゃったの >>