カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


無頼の短編小説 「神戸」 by 西東三鬼

僕はあの日の夜も、どこかで酒をあおっていた。

ゴロワーズとペルノーとジャズ。
そばに女性はいない。
いつもの、 ことだ。

僕は、持っていた西東三鬼の「神戸」をカウンターの上に無造作に置き、
この、不良な男の文章のエッセンスを、
酒と共に体の中に流し込む。

三鬼の人生、なんとまぁ、無頼な生き様よ。

三鬼自身の文によると、だいたい、三鬼の三は、「飲む、ぶつ、買う」 の三つなのだと解説した文芸評論家もいるぐらいだというのだから。

三鬼の生き様を記した「神戸」は、
金子光晴の「マレー蘭印紀行」にも共通する雰囲気さえある。

南洋(シンガポール)生活の体験、オンナ、酒、様様な外国人たち、そしてその日暮しの無頼な日々。

このところ、僕は、こういう不良の文章ばかりに、惹かれてしまう。
ぎらぎらしてて、そして生き生きしているんだもの。

「神戸」の「第8話 トリメの紳士」 の中の最後の一文が、リズム感も含めて、僕はものすごく好きだ。

     「どこまでつづくぬかるみぞ」


だって、それまでの、泥沼のような腐れ縁の関係とその経緯からは、ラストはこの一文しか浮かばないだろうなぁというほどの、鮮やかにぎらついた一文だからだ。

どこまでつづくぬかるみぞ、か。
どこまで?
どこまでだろうねぇ・・・・。

♪ テーマ曲 「Faithfully」 by Journey♪

参考書籍: 
「神戸」 by 西東三鬼
「マレー蘭印紀行」 by 金子光晴
[PR]
by y_natsume1 | 2006-07-02 10:23 | Books
<< たった数分間の会話だったけど 信ずる道を来たのだ ~定年退職~ >>