カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


神楽坂の休日

2006年5月3日(水) 祝日、午後。

神楽坂へ出向く。
以前勤めていた会社が飯田橋近辺にあったので、この辺は割合に詳しい。

とにかく今は緑がキレイだ。
緑の坂を、歩く。

毘沙門天の近くにある椿屋で和紙のカッコイイ便箋とお香を買う。
このお店は僕のお気に入りだ。

椿屋を出て、神楽坂に住む友人宅を訪ねる。
これが今回のメインイベント。



************************

3月後半だったか、上野で渋さ知らズのライブの後、皆で飲んでいたら、高校時代の旧友(舞踏家I氏)に出くわした友人(会社員兼ベーシストのO氏)がいたことは、以前の記事に書いた。

今回はその偶然の再会を必然にすべく、神楽坂の友人宅のホームパーティーでそのI氏を招いて踊って頂こうという趣向だ。

ワイン、シャンパン、数々の美味しい料理(友人はすご腕と見た)、楽しい会話。
アボガドとトロ。 葉物サラダ。 トマト。 ソーセージ。 ポテト料理。

M氏が持って来てくれたデンマーク産のニシンの酢漬けがこれまたうまい。
白ワインが進む。


ビルの谷間に落ちてゆく美しい夕陽。

I氏の踊りはステキだった。 
選曲も、それに合わせた衣装も。

受け取り方は人それぞれだろうけど、僕は、この世からあの世へ行ってしまう様(さま)を表現していたようにも感じた。

I氏の踊りは、いわば 「舞い」 だった。
神社でやれば良いのに、いや、やりたいんだよ、っていう会話が。

それでI氏、O氏、M氏たちとは神社仏閣の話題で盛り上がる。

M氏:伊勢神宮、いいですよ。 是非行ってみてください。

O氏:岩木山の近くの神社がさぁ・・・。

僕: 写経を20代の頃からやってて。 色即是空、 空即是色。 ジョン・レノンがよく歌詞に使うnothingなんかの否定語があるでしょ。 あれは仏教の「空」に通じるような気がするんだよね。 

とかなんとか。

夜の帳がおり、お香を焚き いくつかのろうそくの火と 神秘的な音楽で、神楽坂の宴(うたげ)はさらに盛り上がるのであった。

♪ テーマ曲 「Pチャン」 by 渋さ知らズ ♪
[PR]
by y_natsume1 | 2006-05-04 13:55 | Back Street Days
<< 鎌倉の 長谷のお寺で 写経する 約束の地に向かって  走れ >>