カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


ゆるゆると シンガプラ (8)最終回 ~南回帰線はまだか?~

シンガポール Day 5 (その2)

夕方、ホテルをレイト・チェックアウトしたあと、龍が車で迎えに来てくれ、マーライオンを見物する。 

ちなみに、そこの近くにある「Rotiboy」という店のパンはサイコウにうまい。 オススメだ。 龍が自信を持ってすすめてくるから何ごとかと思ったけど、掛け値なしにうまいっ! 


b0058966_163362.jpg








僕たちは今夜、深夜便でこの獅子の街を離れる。
最後の夕食を、龍と、旧友Eと、僕の家族で一緒にとる。
夕食の後、旧中央郵便局(現 Fullertonホテル)のノスタルジックなコロニアル・スタイルの建物を見たり、ボートキーや川沿いを歩いた。

龍は僕の息子や娘を連れて歩いてくれた。
子供の扱いは僕よりもよっぽど龍の方がうまい。

僕の息子の手を引く龍。

b0058966_16534.jpg








下の写真は旧中央郵便局(現 Fullertonホテル)の建物から出てくる僕の娘と息子と龍だ。

b0058966_171693.jpg











******************

これから龍の車で空港へ送ってもらい、赤道の国をあとにするというのに、僕はまだ「南回帰線」を読み終わっていない。 持参してきたはいいが、赤道の街で南回帰線は1ページも進まなかった。 「北回帰線」を読み終えるのにそう時間はかからなかったのになぁ。

南回帰線を終わりにするには、これからどのくらい時間が必要だろうか。
その時間を線(line)にしていったら、どこまで延びていくのだろう。
もしかしたら、終わりにしない方がいいのかもしれないけど。

その、「時間」という線(line)は、どこまで、延びていくのだろうね。

シンガポール、阿片の夢。
私は、両側にポプラがならんでいる道路を見た。
よくフランスで見るような路で、
それが私の前に白く真直ぐに、
どこまでもどこまでも延びているのだ。


~ サマセット・モーム 「作家の手帖」より (中村佐喜子訳) ~

(終わり)

♪ テーマ曲 「Fields of Gold」 by Sting ♪


Many years have passed since those summer days
Among the fields of barley

[PR]
by y_natsume1 | 2005-08-04 01:08 | シンガポール
<< むかしむかし あるところに  ... ゆるゆると シンガプラ (7)... >>