カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


亜空間の果て (4) ~いにしえのかたりべ~

2009年3月19日(木) 夜。

袋小路にはまったような、もどかしい精神状態。
気が狂いそうになる毎日。

たまたま数年ぶりに某友人とコンタクトが取れる。

この人とはかれこれ7~8年の付き合いだ。
僕が心から信頼している人の一人。

その友人が今、ある飲み屋で働いているという――。


**************

お寺の境内に建っている日本家屋の一軒家で、
その飲み屋は営まれている。

「お寺」、「お寺の敷地内にある」
という部分に敏感に反応し、魅かれて、
とうとうやって来てしまった。

ホントにここは東京都内か?

不思議な時空。

ここでは男も女も、まるで桃源郷にいるかのように、
何かを楽しんでいる。

会話、酒、日本家屋の空間、花、そして・・・・。

僕はこの不可思議な空間を、
この世とあの世のはざまに存在する、いわば亜空間として、
トリップしているような感覚で味わっていた。

癒されている、というのではないし、
馬鹿騒ぎして楽しんでいるというのでもない。

味わっているとしか言いようのない空間、
けれどとても「良い感じ」なのだ。

ここに導いてくれた某友人に、とても感謝している。

アリガトウ。

僕は、友人といろんな話をした。

ヘンリー・ミラーの「北回帰線」の話から僕たちはペルノーを頼み、
京都知恩院と鎌倉光明寺のご縁
ザ・フーのライブ、ベンシャーマンのシャツ、
出張先で明け方に酔っ払って「Love Reign O'er Me」を大声で歌ったこと、
セックス、万葉集や和歌の話(31文字のラブレター)、
奈良薬師寺の月光菩薩、東塔の水墨画のような佇まい
福岡のぼたやま、五木寛之の「青春の門」、
その日僕が着ていた古着のツィードジャケット
シンガポールの大親友、 墨の香りのフレグランス、写経、
坂口安吾の「桜の森の満開の下」、狂気、
マラッカ出身の友人とシンガポールのチャイナタウンを歩いたときの話
花様年華、白洲次郎、レトロな大衆食堂、1920年代の上海、
「馬鹿な(=良い意味で馬鹿を演じられる)オンナ」・・・・・

いろんな話をした。


不思議とお月様の話は出なかった。

こういう夜は、それで、   いいのかもしれない。

充実した時間だった。

この空間が、それを作ってくれたのだろうと思う。

やはり、ヘンリー・ミラーが「北回帰線」のラストで書いているように、
人間には時間よりも空間が必要なのだ。


夜が更ける。


・・・・・・ 月が見えない夜、
さあ、再び月を求めて、 さ迷い始めようか。

亜空間の果てまで、行ってみようよ、 ね、 月子さん(仮名)。

♪ テーマ曲 「Greensleeves」 by John Coltrane ♪

関連記事:

「亜空間の果て」
「亜空間の果て (2) ~赤い月の夜~」
「亜空間の果て (3) ~九つの満月~」
「The Who を追いかける夜」
「光明寺の調べが 材木座の海に 届くころ」
「チャイナタウンを駆け抜けろ ~横浜もブライトンも~」
「31文字のラブレター (1)」
「東の塔は 墨絵の如く」
「桜の森の満開の下 ~酔いどれのシュールな夜~」
「シンガポール出張 (7) ~チャイナ・タウンの休日~」
「映画 「花様年華」(2000) ~チャイナドレスにため息を~」
「箱根の山は まだ肌寒く」
「素晴らしきレトロな大衆食堂」
[PR]
by y_natsume1 | 2009-03-20 19:20 | Moon
<< 春のシュートはくやし涙と共に 12弦ギターの音色 >>