カテゴリ
Entrance ようこそ
Biography 略歴
夏目芳雄の著作物
Moon
アジア的独白
鎌倉湘南Seaside
酒×酒
Back Street Days
四国
Music Bang Bang
Jazz Night
ビートニク
マレーシア駐在記
シンガポール
ベトナム
南の島
韓国
中国
キューバ
メキシコ
アメリカ
Books
日々の雑文
子供語録
ごはん
映画言いたい放題
過去の映画評「あ」
過去の映画評「か」
過去の映画評「さ」
過去の映画評「た」
過去の映画評「な」
過去の映画評「は」
過去の映画評「ま」
過去の映画評「や」
過去の映画評「ら」
過去の映画評「わ」
その他
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2012年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月


桂離宮とお酒と月と

2009年1月9日(金) 夜。

東京の大雨は夜9時過ぎにはほぼ止んでいたらしい。

10時近くに会社を出て空を見上げたら、
月が出ている。

それも結構高い位置に。

ほとんどてっぺん。

風が強いせいか雲はすぐに流され、
月が出たのだろう。

暦ではあと2~3日で満月のはずだけど、
既にきれいな形。

今夜の月は光が力強い。

月が射す夜、 だ。

「月子さん」(仮名)はどうしているだろう。
無事を祈ろう。


・・・・・ 久しぶりに自宅近くのソウルバーへ。

いつものカウンター席右端。

マスターやスタッフと、雨はもう止んだよって話から、
それに月も出てたよって月の話になる。

雨月物語、♪Fly Me To The Moon♪、桂離宮・・・・。

先日NHKの特番で観た桂離宮。 
月を見るための館。

なんて素晴らしい空間なんだろうと思った。

宮内庁に事前申請しないと見学できないそうだし、
僕らのような一般庶民が桂離宮でお月見をできるわけもないのだけれど、

憧れる。


カウンターで僕の左隣のアダルトな女性客(一人客)が
楽しそうに長居して飲んでいる(今夜は8時半から居るそうだ)。

時々話しかけられるがそれに応えるだけで僕からは話しかけない。

その人の顔つきは
キレイで魅力的なんだけど、

この店のマスターによると
三宿の黄色いバーの店主Aさんにそっくりだとかで
そのお客さんが帰った後で1人ウケまくるマスター。


マスターはおもむろにインディーズだけどさ、と
オススメCDを紹介してくれる。

客が僕だけになった頃を見計らって、
店内で全曲かけてくれる。

The Bawdies の
「Awaking of Rhythm And Blues」

これ、すっごくいい。
イキのいいロックというかリズム&ブルースというか。

ジャケットもむちゃくちゃカッコいい。
若い日本人バンドなのに全編英語の歌詞、
特にボーカルはソウルフルでシブイ。

気に入った(笑)。

ありがと、マスター。

そして、ストーンズのドキュメンタリー映画もすごくいいし、
DVDじゃなく映画館で観るといいよとマスター。

あぁ、あのスコセッシのヤツね。

マスターはUKロックは普段からあまり聴かないのに、
今回はオススメだねと。

画面が相当良かったらしい。



ペルノーのソーダ割り3杯。
ビール1杯。
マルボロライト。


帰ろう。


京の「みやこ」と 桂離宮 に思いを馳せ、

行けるわけもないのに
「月子さん」のところに今すぐ飛んで行きたい衝動をおさえつつ、

(それじゃまるで雨月物語の菊花の約(ちぎり)みたいか?)

ひんやりした夜の中、 歩いて帰る。

月が、射す夜。 

もう一度、 天を、 仰ぐ。

♪ テーマ曲 「月の重さ」 by Tsuki No Wa (vo. FUMINOSUKE) ♪
アルバム「Ninth Energy」より
[PR]
by y_natsume1 | 2009-01-10 15:42 | Moon
<< 冬の日の朝 好きな言葉についてのあれこれ >>